国内での発売日が決定した「VIVE Pro」のアップグレードキット

HTC NIPPON(HTC)は、VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE」の上位互換「VIVE Pro」のアップグレードキット「VIVE Pro HMD」を4月6日に発売する。希望小売価格は9万4000円(税別)。

1月にアメリカのラスベガスで開催された「CES 2018」で発表された「VIVE Pro」は、ディスプレイにデュアル有機ELを採用。現行機種よりピクセル数が78%向上し、2880×1600の高精細映像を実現した。また、高性能ヘッドホンを内蔵することで、グラフィックとオーディオの一体感も高めた。

上部のヘッドストラップや重量の調整、眼鏡をかけた状態での操作性など、本体設計も見直した。SteamVR Tracking 1.0と2.0の両方に対応するので、現行機種所有者であればヘッドセット部分をアップグレードするだけで、コントローラーとベースステーションはそのまま使用できる。

「VIVE Pro HMD」の発売前には、現行の「VIVE」の大幅値下げを実施し、希望小売価格を7万7880円(税別)から6万4250円に変更。3月19日22時から国内正規代理店で順次適用する。また、3月23日にはSteamVR Tracking 2.0対応の「VIVE トラッカー(2018)」も発売する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます