ダイアモンド☆ユカイも祝福!『ライオンキング』ロングラン13周年達成

2011.12.21 17:53配信
劇団四季『ライオンキング』13周年 劇団四季『ライオンキング』13周年

劇団四季のミュージカル『ライオンキング』東京公演が12月20日、13周年を迎え特別カーテンコールを行った。1998年12月20日に東京・四季劇場[春]のこけら落としとして日本初演の幕を開けた本作は、その後各地での上演も並行しつつ、同劇場では13年の長きにわたり公演を続けている。同一劇場でここまでのロングランを続けているのは、日本では『ライオンキング』だけだ。

『ライオンキング』チケット情報はこちら

この日は公演終了後、ふたたび幕が開くと星空の中、主人公シンバ役の田中彰孝らが登場し、劇中歌『終わりなき夜』をこの日のための特別な演出で歌唱。ナンバーの終了とともに「13th ANNIVERSARY IN TOKYO,JAPAN」と書かれた大看板が登場すると、客席からは大きな拍手が沸きあがった。田中は看板にはツイッターで寄せられた13周年を祝福するメッセージがデザインされていることを話し、「皆さまのお言葉を目の当たりにしますと、改めて作品に携わる喜びと責任を感じずにはいられません。これからもご期待を裏切らないよう、誠心誠意、舞台を務めてまいります」と感謝の言葉を述べた。その後出演者全員で作品を代表するナンバー『サークル・オブ・ライフ』を合唱、この日の特別カーテンコールは終了となったが、その後も鳴り止まない熱い拍手に何度も出演者は舞台に呼び戻され、カーテンコールは繰り返された。

この日の公演は、今年生まれた双子の子どもに“頼音(ライオン)”君と“匠音(ショーン)”君と名付けたというダイアモンド☆ユカイも観劇。公演後に出演者たちと交流を持った彼は「グレイトだね。しょっぱなから持ってかれた感じ、最高! 『ライオンキング』はロールしてるね、ロックンロールだね」と興奮の面持ちで登場。「(息子は)音から生まれたという名前を考えて、ひとりはショーンと決めていた。もうひとりは“ライオン”というのがいきなり空か降ってきて、その時実は『ライオンキング』が頭に浮かんだんだよね。今日観て、ライオンという名前にして良かったと改めて思った。シンバは人生そのもの。シンバでも良かったかな、ダイアモンド☆シンバ!」と子どもの命名のエピソードを明かし、出演者たちに子どもの写真を見せるなど嬉しそうに話をしていた。また劇中に登場する“プライドロック”に登ると「俺、高いところ大好きだから、登ると降りたくなくなっちゃう。また名前がいいよね、“ロック”だし、俺が行くための岩だよね」とも語っていた。

公演はロングラン上演中、チケットは現在5月31日(木)公演分まで発売中。なお札幌でも公演中、こちらは北海道四季劇場にて、3月11日(日)公演分まで発売中になっている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング