東芝、軽量・コンパクトなサイクロン式クリーナー「TORNEO mini VC-C3」、吸引力が99%以上持続

2013.11.12 18:41配信
「TORNEO mini VC-C3」

東芝ホームアプライアンスは、サイクロン式クリーナーの新製品として、軽量のパワーヘッド搭載モデル「TORNEO mini(トルネオ ミニ) VC-C3」と、ターボヘッド搭載モデル「VC-C3A」を、12月1日に発売する。

小型軽量・高効率モーターの採用やダストカップなどの軽量化によって、従来機「VC-C12」と比較して約200gの軽量化を実現。移動や持ち運びが楽にできる。

ダストカップ上部でゴミと空気を高速分離することで、吸引力を99%以上持続する「デュアルトルネードシステム」を搭載し、ダストカップ下部でゴミを圧縮することによって、ホコリの舞い上がりを抑え、らくに、清潔にゴミを捨てることができる。ダストカップ内部の「ちり落としレバー」を左右に動かすだけでフィルターの手入れができ、分解や水洗いもできる。

抗菌効果やウイルスの活動抑制効果、ダニ、花粉などのアレル物質の活動を抑制する効果をもつイチョウ葉エキス入りの「フラボノイドフィルター」と、脱臭効果を備えた「高集塵プリーツフィルター」を搭載。粒径0.5μm(マイクロメートル)以上の微細塵を約99.9%捉える。

凹凸の少ない新デザインで、家具や障害物の間をスムーズにすり抜け、タイヤが衣類に触れにくくしている。また、ホースの根元が回転することで、ホースのねじれによる本体の転倒を抑え、方向転換をスムーズにする「ねじれんホース」を採用する。集じん容量は0.25L。サイズは幅220×高さ255×奥行き295mmで、重さは2.3kg。

「VC-C3」は、壁際やジュウタンが掃除しやすいモーター駆動の「軽量コンパクトパワーヘッド」や、ヘッドと延長管を外せば狭いすき間やソファの上を簡単に掃除できる「2WAYブラシ」、握り部に丸みをもたせた「新らくわざグリップ」を備える。抗菌仕様の回転ブラシは取り外し可能で、水洗いもできる。カラーは、グランレッド、ピンクゴールドの2色。本体、ホース、延長管、ヘッドを合わせた重さは3.8kg。価格はオープンで、実勢価格4万円前後の見込み。

「VC-C3A」は、フローリングをきれいに掃除できるエア駆動の「フローリングターボヘッド」を搭載。抗菌仕様の回転ブラシを含むヘッドは、丸ごと水洗いできる。本体、ホース、延長管、ヘッドを合わせた重さは3.7kg。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング