東芝、無線LAN機能搭載SDHCカード「FlashAir」の32GBモデル、インターネット同時接続にも対応

2013.11.13 18:26配信
SD-WD032G

東芝は、無線LAN機能を搭載したSDHCカード「FlashAir」の新製品として、容量32GBの「SD-WD032G」を、11月16日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7500円前後の見込み。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備える。SDスピードクラスはClass 10。スマートフォンの無線LAN接続先を「FlashAir」に設定したまま、家庭などの無線LANルータ経由でインターネットにアクセスできる「インターネット同時接続機能」で、「FlashAir」からの写真取込みやSNSへの投稿時に、スマートフォンの無線LAN接続先を手動で切り替える必要がない。

「インターネット同時接続機能」は、ソフトウェア更新ツールによるバージョンアップを行うことで、現在発売中の8GBモデル(SD-WC008G)と16GBモデル(SD-WC016G)でも利用できる。

サイズは幅24.0×高さ32.0×奥行き2.1mmで、重さは約2g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング