マニア垂涎のお宝も! 横浜の電気街「エジソンプラザ」ってどんなところ?

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、石川町駅の「エジソンプラザ」という秋葉原のような“電気街”について徹底調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
石川町駅のエジソンプラザという秋葉原のような電気部品を扱っている店が気になります/
千石電商や共立電子などの有名店は撤退したようですが営業を続けている店はあるの?(イルカさん、えるさん)

 

現場へ

「エジソンプラザ」とは何と魅力的な名前だろう。しかしキニナルには石川町に「エジソンプラザ」という名前の電気部品を扱っている電気街が「ある」というものと「あった」というものに分かれている。

現在もあるのか、もしくは消えてしまったのか? それを知るため、さっそく現場へ行ってみることにした。
 

 
 

JR石川町駅北口を出て歩いていく。北口を渡って左折し、首都高のガードをくぐって進んでいくと、すぐに「電機のデパート」という看板が出ているビルを発見。 
2階に「相模電子」とある。

「エジソンプラザ」の看板は見当たらないが、「電機のデパート」というのは、エジソンプラザのイメージとつながるものがある。
 

そこで、内部を確認すべく改装中のエントランスを入っていくと、静かな空気が漂うなか、今度は「電機のデパート入口」という案内。しかし、ここにも電気街といわれた「エジソンプラザ」の名称はない。

階段を上っていっていく間も漂う空気は静かだったが、上りきると今度は「電機街営業中」という案内板が見えた。

 

依然としてエジソンプラザの名前は見当たらないものの、「電機のデパート」「電機のデパート入口」「電機街営業中」と少しずつ名前が変化していく。

 
 

ところが角を曲がった途端に、それまでの静かな様子が一変した。
突如ひろがる、現在も無線機器を扱う小売店が集まる秋葉原ラジオセンター的風景。
近づいてみると、これぞ、といった感じの電子部品がならんでいる。

2階には通路に沿って、看板にあるタック電子販売、相模電子、シンコー電機の3店舗が軒を連ねているようだ。さっそく階段から一番近いタック電子販売に入って話をうかがってみることにした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング