カシオ、2軸ブラケティングで設定の異なる写真を同時撮影できるコンパクトデジカメ「EX-10」

2013.11.14 20:38配信
俳優の哀川翔さんと「EX-10」

カシオ計算機は、デジタルカメラ「エクシリム」シリーズの最高峰モデルとしてシャッターボタンを一度押すだけで、フォーカスと絞りなど、2種類の撮影値を変化させながら9枚の写真を連写する2軸ブラケティング機能を搭載した「EX-10」を、11月29日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

記者会見の冒頭、執行役員 QV事業部の中山仁部長が、「『エクシリム』の開発コンセプトは、独自の技術と発想で新たな価値を提供すること。新製品は、これまで培ってきたハイスピードテクノロジーを生かした。『EX-10』は一見すると高級コンパクトのように見えるが、単なる高級コンパクトではない。カシオは肉眼では見えない細部にこだわるのではなく、撮影者が好む『好』画質を追求した」と製品コンセプトを説明した。

プロのカメラマンは、一眼レフの撮影設定を調整しながら作品を仕上げて行くが、「EX-10」は難しい設定をすることなく、ワンシャッターで美しい写真を撮影することを目指したという。

フォーカス、絞り、ホワイトバランス、明るさなどからパラメータを二つ選び、シャッターを一度押すだけで、選択したパラメータを3段階に変化させた合計9枚の写真を連写する「2軸ブラケティング」機能を搭載。

オートブラケティングでは、フォーカス×絞り、ホワイトバランス×明るさ、コントラスト×彩度のほか、3段階に変化するシャッタースピード(1軸)の計4種類から設定できる。また、マニュアルブラケティングでは、オートブラケティングの組み合わせに加え、コントラスト×彩度、彩度×明るさ、コントラスト×明るさが加わるほか、各パラメータの設定値を手動で調整できる。

レンズはF1.8~2.5と明るく、焦点距離は28~112mm(35mmフィルム換算)。センサには、暗い場所での撮影に強い1/1.7型裏面照射型のCMOSセンサを採用する。有効画素数は1210万画素。「ハイスピードテクノロジー」を駆使した最新の映像エンジン「EXILIM エンジンHS Ver.3 ADVANCE」によって、高速連写をはじめとする高画質な撮影を実現した。

会見には、俳優の哀川翔さんが登場し、ひと足早く「EX-10」で撮影した写真を公開した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング