キングソフト、セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 2014」、二つの検出エンジンを搭載

2013.11.15 13:34配信
KINGSOFT Internet Security 2014

キングソフトは、11月14日、「KINGSOFT Internet Security」の新バージョンとして、自社開発のウイルススキャンエンジンと、独Aviraのエンジンを搭載した「KINGSOFT Internet Security 2014」の、更新料無料でアップグレードできる「広告付完全無料版」を公開した。有料版は、1980円の無期限版と980円の1年版を用意する。

キングソフトが自社開発したウイルス検出エンジン「Blue Chip II」に加えて、多数の受賞歴をもつAviraのエンジンを搭載したダブルエンジンによって、旧バージョンと比較して検出率を124%向上した。ユーザーから高く評価されている動作軽さや速さは、従来バージョンから継承している。

このほか、フィッシング詐欺による被害を未然に防ぐ「セーフアクセス」機能や、スマートフォンやタブレット端末をPCの無線LAN経由でインターネットに接続できるテザリング機能を搭載する。

対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング