16GB、32GB、64GB。iPhoneにはストレージ容量によって価格も変わってきます。
しかし! 高い大容量モデルを買わなくても、ちょっと使い方を変えるだけで、16GBのiPhoneでも容量不足とは無縁になります。

ポイントはたったの3つ。ここではその3つのポイントをご紹介していきましょう。
iPhone欲しいけどなるべく安く抑えたい。という方、もしくは手持ちのiPhoneの容量不足に悩んでいる方は必見ですよ!

 

まずはiPhoneの現在容量を確認してみましょう。

「設定」→「一般」→「使用状況」とタップ。ストレージの使用状況が表示されます(容量チェックにやや時間がかかります)。

僕の場合はiPhone 5sの16GBモデルを発売日に買ってから、データを引き継がずに「新しいiPhone」として設定したのですが、使用状況はこんな感じ。それなりに写真も撮影して、アプリもインストールしていますが、まだまだ8.3GBも開いています。

そう、上手く管理できれば、iPhoneの容量は16GBもあれば十分なんです! 高いお金出して32GBとか64GBモデル買わなくてもiPhoneはやりくりできるんです!!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます