“隙”はモテるための必須事項。でも、その“隙の加減”がわからないと、好きな男性の本命彼女になれるどころかヘンな子扱いされる危険があるので困りもの。

では、本命彼女になれる「ほどよい隙」とはどんなものなのでしょう。探ってみました。

隙がありすぎるとどう見られる?

隙がある……これほど分かりにくい言葉はありませんよね。無防備で抜けている部分がある、というイメージ。確かにその意味で合っています。

ですが、そこで“心配されてしまう”のが、隙のありすぎる女性。心配されてしまうのはやりすぎなのです。なぜなら、そんな女性が彼女だったら気が休まらないからです。

“心配される”とは、具体的に言うと「この子、大丈夫か?」と思われてしまう、内面の心配のこと。

  • 無防備……服装が無防備すぎると身に危険が及びます。ですから無防備すぎるのはダメ。
  • 抜けている・ドジっ子……これはモテとしてはかなりいい感じとよく言われていますが、ドジすぎると頭が弱いのかと思われてしまいます。年が若ければかわいらしいけれど、年を取ってもドジではきつい。それでは単なる注意力散漫な人間だと思われてしまいます。

では“心配されない隙”って?

意外かもしれませんが、それは「おとなしい」です。おとなしくて意見が言えない女性は特段心配されません。内面が変ではないからです。

多くは、おとなしいだけで自分の意見や意思は持っており、周りに合わせて言わないだけの「自己主張が強くない」女性です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます