東芝、BDレコーダー「レグザブルーレイ DBR-Z420/Z410」、操作をわかりやすくして2番組同時録画に対応

2013.11.19 18:58配信
「DBR-Z420」(左)と、「DBR-Z410」

東芝は、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「レグザブルーレイ」シリーズの新製品として、2番組同時録画に対応し、外付けHDDが接続できる「DBR-Z420」「DBR-Z410」の2モデルを11月22日に発売する。

地上デジタルチューナー×2基、BSデジタル/110度CSデジタルチューナー×2基を搭載し、2番組の同時録画に対応する。

内蔵HDDに加えて、最大4台の外付けHDDを接続でき、録画容量を増やすことができる。外付けHDDには、「DRモード」だけでなく「AVCモード」でも録画でき、内蔵HDD同様に長時間録画に対応。番組表は、操作をよりわかりやすくするとともにレスポンスを向上し、快適に操作できる。

新たに、録画した番組のフォルダ分けができるようにして、管理をしやすくした。本編だけを再生する「おまかせプレイ」は、再生途中でもボタン一つで切り替えられるようにして、使い勝手を向上している。

このほか、録画した番組をスマートフォンやタブレット端末に配信して、好きな場所で視聴できる「レグザリンク・シェア」や「Twonky Beam」に対応する。サイズは、幅430×高さ46×奥行き199mm。

「DBR-Z420」は、1TBの内蔵HDDを搭載。重さは約2.4kg。価格はオープンで、実勢価格は7万5000円前後の見込み。

「DBR-Z410」は、500GBの内蔵HDDを搭載。重さは約2.1kg。価格はオープンで、実勢価格は6万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング