バーグハンバーグバーグ通信

要注意! 女の子がデートに退屈しているサイン6パターン

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第78回。今回はデートの鉄則「女の子の退屈を見破る方法」を、女子の気持ちの機微を汲み取ることにかけては右に出るものがない「京也さん」にうかがいました。

どうも、すごくのけぞってココアを飲むことでお馴染みの京也です。

私は、今でこそこうやってのけぞってココアを飲んでるだけですけど、実は女の子の気持ちの機微を汲み取ることにかけては右に出るものがないと、まことしやかに囁かれた過去があるんですよ。

それで今回はデートの鉄則、女の子の退屈を見破る方法をみなさんに伝授しようかと思ってます。

男なら誰しも女の子が知らない趣味の話を延々と続けたり、知識自慢で引かせてしまった経験はあるでしょう?

そういう時に女の子の反応を見て素早く察知して話題を変える、これが話術の鉄則なんですよ!

それじゃあ、さっそく女の子が退屈しているサインをご紹介します。

 

 

 

 

退屈のサインその1

缶の裏を見ている

私の経験から言って、女の子が缶の裏を見てるときは、だいたいこっちの話に興味がないときですね。

だって、ふつう缶の裏って見ないでしょ。その缶の裏より退屈な話をしてるってことだから、すぐに気付いた方がいい! 女の子が退屈している!

 

 

 

 

 

退屈のサインその2

存在が薄くなってきている

あまりにつまらない話を続けていると、女の子がだんだん薄くなってやがて消えてしまうことがあるんですよ。

たしかに、人の話を聞いていて存在していないほうがマシだと思うぐらい退屈してしまうときってありますからね。

こういうときは、さっさと話題を変えたほうがいいですよ。おにぎりを食べたってどうにもならない!

 

 

 

 

 

退屈のサインその3

12円をくれる

女の子が話しを遮って12円をくれたら、それは”ギャラ”です。

つまり、「お前の話の価値は12円でそれに相応するギャランティを払ったから、今すぐ話を終えてくれ」という意味らしいです。

女の子は退屈から逃れるために身銭を切る、そういう生き物なんですね!

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント