西武池袋本店にて、2018年3月28日(水)より「春の北海道うまいもの会」が開催されます。

雪解けを待つ北海道から「とろける」をキーワードに新たなメニューが登場!テッパンの北海道物産と合わせ、北国の春のご馳走が揃っています。

酪農家として北海道でチーズ・バターづくり手掛けた先駆け「横市フロマージュ舎」が営む「ピッツア芦別」の道産小麦を使ったモッチリ口どけの良い生地に、横市ヨーグルトチーズを塗り、たっぷりの自社製のモッツアレラ、カマンベールタイプのチーズ、さらに道産の早採れアスパラをのせて焼き上げ、最後に自慢の横市バターをふんわり削って添えた会場限定の「横市チーズたっぷり春の雪どけピッツア(1,581円)」がイートインで登場。

函館の「うに むらかみ」の濃厚な生うにが舌の上でクリーミーにとろける「むらかみの生うに丼(4,320円)」は、口の中に入れた瞬間、うに本来の濃厚でクリーミーな甘みがとろけるように広がり、その美味しさはまさに「海のスイーツ」のようです。

函館のプレミアムロールケーキ専門店「ガトー・ルーレ」からは、まさに口の中でとろける「しっとり生地のいちごロールケーキ(1,296円)」が登場。乳酸菌飲料を加えた真っ白な生地で巻き込むのは、「甘さ」「酸味」「香り」の3拍子が揃った十勝産「銀龍いちご」のソースを加えた生クリーム!

いちごの甘酸っぱい酸味が、道産の牛乳を使った生クリームにマッチし、牛乳で仕込んだ滑らかな生地と一体化して、口の中で、しっとりとろけます。

銀龍いちごのオトナシメパフェプレート

さらに、バイヤーが企画した、この会場だけでしか味わえない・買えない会場限定北海道グルメが登場します!

札幌シメパフェ「パフェテリア パル」に続き、前半会期3月28日~4月3日は、人気店「山猫バル」が、周りのオブラートをいちごソースで溶かす新感覚のパフェで参戦。後半会期4月4日~4月10日は「MIRAIST cafe&kitchen」が登場。それぞれ会場限定のシメパフェを提供してくれます。

◆「山猫バル」
銀龍いちごのオトナシメパフェプレート(1セット)1,381円
各日限定100セット
◆「MIRAIST cafe&kitchen」
銀龍いちごの標茶産ミルクソフトパフェ バジルクリーム添え(1個)1,201円

他にも「スイーツセルクル」の「ヨーグルトカスタードのプレミアムいちご」が、限定スイーツで初登場。味噌も白味噌もどっちも食べてもらいたい!から発案した「本家 麺蔵」のダブル半ラーメン「味比べ味噌ラーメン」や、フレンチ店「レストラン箕輪」の「道産牛ヒレ肉と蝦夷あわび・生うにのプレート」、「金獅子のヤキニク」の「道産バターとチーズのローストビーフ丼」など、北海道のうまいものがたくさん登場します。

北海道は国産小麦の最大産地なので、海産物、乳製品に次ぐ第3の北海道の幸は「パン」!初企画のマルシェ内には、道内各地のベーカリー、また、北菓楼、もりもと、ルタオなどの人気ブランドの限定パンも登場します。

◆初登場)函館/パンエスポワール/ライ麦50%セーグル 1個1,080円
◆岩見沢/ベーカリーカンスケ/ダブルチーズ&横市バターのプレミアムバーガー1個756円
◆美唄/すぎうらベーカリー/いちごみるく食パン 1本540円
◆札幌/プルマンベーカリー/男爵チーズカレーパン 1個261円
◆砂川/北菓楼/デニッシュブレッド(いちご) 1個601円
◆千歳/もりもと/王様のチョコデニッシュ 1個551円
◆(イートイン)黒松内町/アンジュ・ド・フロマージュ/モッツアレラとバターの春待ちトースト1枚540円

春の北海道うまいもの会

【開催概要】
会期 : 2018年3月28日(水)~4月10日(火) 14日間
※前半4月3日まで、後半4月4日から
会場 : 西武池袋本店7階=催事場(豊島区南池袋1-28-1)
営業時間: 午前10時~午後9時(日・祝~午後8時)
※イートインのラストオーダーは閉場の1時間前、最終日10日(火)は
午後4時30分にて閉場。
出店店数: 約80店舗