【就活】元人事が警告! “採用活動の早期化”でもうあなたの不採用は決まっている!?

「再来年4月入社」の就職活動が活発化してきています。今回は、すでに応募受付を終了した企業も出てきている「採用活動の早期化」への対応の仕方について、元人事が解説します。

再来年4月入社の就職活動が活発化してきています。え?再来年……ってあと1年半後?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そうです。もう応募受付を終了した企業も出てきている「採用活動の早期化」にあなたは対応できていますか?

 

1.まずはともかく活動を始める!

「まわりがまだ始めていないから~」よく聞くセリフです。確かに目立って町中にリクルートスーツ姿の学生が増えているわけではありません。しかし、たまに見かけると、「ああ来年4月の就職、まだ決まっていないんだ」と考えるのは大間違い。それは「早期」に動き出している人なのです。

景気がよくなったから、就職活動も簡単だろうと思うのは大間違い。逆に景気がよくなったからこそ、企業は氷河期明けを想定して、採用活動の前倒しを計っているのです。

「私は公務員志望だから~」これもまたよく聞くセリフ。だからなんなのかと問いたい。公務員志望=公務員合格ではないのです。

よく公務員試験に落ちて、民間企業の内定も無く、街をさまよう、さしずめ「公務員落ち武者」となった就活生を秋口によく見かけます。正解は、公務員志望であったとしても、民間企業の就職活動は同時並行で勧めるべきなのです。公務員試験勉強は夜でも出来る。しかしセミナーや面接は昼間しか開催していないのです。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング