パナソニック、低周波治療器「おうちリフレ」のCMに山岸舞彩さんを起用、心地よい刺激にびっくり!

2013.11.22 15:29配信
「おうちリフレ」新CMのイメージ

パナソニックは、11月22日に関東地方と近畿地方で放映を開始する低周波治療器「おうちリフレ」の新CMに、フリーアナウンサーでタレントとしても活躍する山岸舞彩さんを起用する。

新CMでは、山岸さんが腰にパッドを貼ってソファに寝そべり、「ん? おおっ!?」と疲れた筋肉への心地よい刺激にびっくり。じんわりとした温かさを感じると、「うぁーっ」「んん~~っ!」「くーーーっ」と、言葉にならない心地よさを表情とため息で表現する。山岸さんのため息を同時通訳するナレーションが入り、山岸さんのうっとりとした表情と、コミカルな通訳とのアンバランスが絶妙な味を醸し出す。

「おうちリフレ(EW-NA63)」は、働く女性をターゲットに、自宅や職場で手軽にコリや疲れをケアできるマッサージ機器。コンパクトかつスリムデザインで持ち運びに便利な「ポケットリフレ(EW-NA23)」とともに、9月1日に発売した。

パッドに発熱体と断熱材を備えた「温感パッド」を採用し、約41°Cまでの温感機能を搭載する。じんわり温めながら、低周波の刺激で首から脚まで全身のコリをほぐす。

「EW-NA63」は、サイズが幅120×高さ50×奥行き120mmで、重さは約270g。カラーは、ピンク、ピンクゴールド、ホワイトの3色。価格はオープンで、オンラインショップのパナセンスでの価格は1万4800円。

「EW-NA23」は、サイズが幅120×高さ22×奥行き64mmで、重さは約83g。カラーは、ピンク、ピンクゴールド、ブラックの3色。価格はオープンで、パナセンスでの価格は7980円。

CMの撮影にあたって行われたインタビューでは、山岸さんは取材で歩き回り、アナウンサーとして姿勢よく立っている時間も長いので、ふくらはぎや足の裏、腰、肩、首など全身が凝ることが多いと説明。「おうちリフレ」の魅力について、「寝る前とか、ちょっと空いた時間に使えるのが、すごくいいなって思いました」と話し、「ポケットリフレ」についても「休み時間とかに、こんなに気軽にリフレッシュできるってすごい」と驚いていた。

パナソニックは、新CMの放映に合わせて、11月23日~12月23日、都内3店舗で展開する美容室アクアで「おうちリフレ」を体感できる「美容室ACQUA×おうちリフレお試しキャンペーン」を実施する。店舗でパーマまたはカラーを依頼した人は、「おうちリフレ」を試すことができ、体験者にはプレゼントを用意している。実施店舗は、ACQUA aoyama(東京都港区)、ACQUA omotesando(東京都渋谷区)、ACQUA tua(東京都渋谷区)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング