プリッツ、キットカット…横浜限定の「ご当地お菓子」を大調査!

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、横浜限定の「ご当地お菓子」について徹底調査してみました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
ベビースター横浜麻婆麺味ってのを見たんですけど、他に大手が出してる横浜ご当地お菓子って何があるのか知りたいです。(ハ毛さんのキニナル)

 

観光地のお土産屋さんに行くと、特産品と並んでその場所限定の“ご当地商品”をよく目にする。キャラクターグッズやお菓子など、その場所を連想させるアイテムが多く発売されているのだ。

今回はその中から、お菓子に注目。横浜限定お菓子にはどんなものがあるのだろう。

 

横浜土産と言えば・・・

まずはどんな商品が売られているのかを調べるため、横浜土産が数多くそろう中華街の「横浜中華街ダスカマーケット」に行ってみた。

店員さんに話を聞いてみると、大手メーカーが発売している横浜ご当地お菓子は、現在4種類とのこと。

もっとたくさんあるかと思っていたのだが、インターネットでの事前調査でも見つかったのは同じく4種類だった。

 
 
 

その4種類とは、ジャイアントプリッツ干焼蝦仁(江崎グリコ)、キットカット杏仁豆腐味(※現在は販売終了)とストロベリーチーズケーキ味(ネスレ日本)、そしてヨコハマキャラメルだ。

これらはすべてダスカマーケットで販売中。
このうち、ヨコハマキャラメル(青い箱は1の目がランドマーク。白い箱はすべての絵柄が横浜仕様になっている)は、お馴染みのサイコロキャラメルの箱が横浜仕様になっているもので、味は通常のものと同じである。

残りの3商品が、味まで横浜っぽさを追求したお菓子というわけだ。

ダスカマーケットの店員さんによれば、どの商品も「けっこう売れますよ」ということで、特に若い人を中心にどの年齢層にも好評なようだ。地元の人というよりも観光客がお土産に買っていくようで、ジャイアントプリッツはみんなで分けながら食べられることから、修学旅行の学生に人気とのこと。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング