キャラクター名義でのイメージソング"キャラソン"。

主題歌とは違い、作品の熱心なファン以外には、なかなか触れる機会のないジャンルかと思いますが、アニメ本編のストーリーやキャラクターの心情を描いた音世界が広がる良質な楽曲が日々、生み出されているジャンルでもあるのです。

今回は、2018年の冬アニメが生み出したキャラソンの良曲をご紹介します。

V.A.『スロウスタート キャラクターソングアルバム「Step by Step」』

2018年の冬アニメが生んだキャラソンの中でも筆者イチオシの作品が、人気アニメ『スロウスタート』に登場するメインキャラクターたちによる楽曲を集めたコンピレーションアルバム『Step by Step』です。

本作は、サウンドプロデュースをROUND TABLEの北川勝利さんが担当しており、収録された全7曲は、いずれもオシャレでウェルメイドな手触りが魅力のポップソングとなっています。

ボーカリストのNinoさんを迎えた「ROUND TABLE featuring Nino」名義で、洗練された歌と音によるアニソンを数多く残し、花澤香菜さんなど、声優アーティストへの楽曲提供を活発に行う北川さん。

その音楽的才気は、今作でも『スロウスタート』と見事な調和を果たしており、リスナーの作品に対するイマジネーションをより明るく、豊かなものへと広げると共に、"キャラソンアルバム"としてとても完成度の高い、プレミアムで良質な音世界を生み出しています。

北川さんらしいキラキラしたギターポップ調の『スパークルデイズ』(百地たまて starring 伊藤彩沙)、AORを思わせるちょっとアダルトなメロディに複数の楽器が彩りを加える『ストロベリーアイスクリーム』(十倉栄依子 starring 嶺内ともみ)、スローなテンポにラテンのフレーバーを加えた『ほんわかびより』(千石冠 starring 長縄まりあ)など、各楽曲はいずれも北川勝利プロデュース作らしい"アキシブ系"な洗練された音を徹底させつつ、サウンドアプローチが曲ごとに異なり、全7曲というトラック数以上にボリュームを感じられる充実の内容となっています。

また、各キャラクターの個性に曲調やリズム感がジャストフィットしており、更に、歌詞も心情や物語に寄り添った内容となっているのも素晴らしい。音楽的にシッカリとした世界観を確立しつつ、キャラクターを"立てる"というキャラソンならではの醍醐味が存分に味わうことができるのです。

個人的なオススメ曲は、ちょっとコミカルな印象も受けるシンセポップ調のアプローチが楽しい『ココロ替え宣言』(万年大会 starring 内田真礼)と、『スロウスタート』ファンならば歌詞とタイトルに思わず涙ぐみそうになる主人公のキャラソン『みんなありがと。』(一之瀬花名 starring 近藤玲奈)の2曲。

"音"と"キャラクター"というふたつの要素が極めてバランス良く、なおかつ、どちらもとても高いレベルで両立している本作。かなり気が早いのですが、"キャラソン"としては、早くも今年度のベストにランクインしそうなアルバムです。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます