玉木宏、理想の出会いは「自然な流れで…」

2013.11.23 18:29配信
玉木宏

東京駅開業100周年を記念して製作されたラブストーリー『すべては君に逢えたから』の公開記念舞台あいさつが23日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、主演の玉木宏をはじめ、高梨臨、木村文乃、東出昌大、時任三郎、大塚寧々、山崎竜太郎(子役)、倍賞千恵子、本木克英監督が勢ぞろいした。

その他の写真

クリスマスの東京駅で繰り広げられる人間模様を描いたオムニバスストーリー。1日に100万人以上が利用するJRの東京駅を舞台に、人間不信に陥った社長や遠距離恋愛をしているカップル、余命三か月を宣告された新幹線運転士、気になる先輩に告白できないでいる大学生など、男女10人の人生と恋愛の行方を描き出す。

劇中で運命的な出会いを果たす玉木と高梨は、「理想の出会いは?」と質問され、「日常的な場所で運命の人と出会いたいですね。自然な流れで会話が生まれて、お互いの関係が近づけば」(玉木)、「運命って自分の周りにたくさんあるはず。自分が気づけるかが肝心なので、私も見逃したくない」(高梨)と話していた。

およそ1カ月後に迫ったクリスマスの過ごし方について、玉木は「この映画がロングランしてもらえれば。僕もクリスマスに観に来ます」とコメント。「普段は予定もなく家にいることが多いが、今年は素敵な出会いがあればいいな」(高梨)、「サンタの帽子をかぶって、ホワイトクリスマスを迎えたい」(木村)、「予定もないし、相手もいませんが、いつか結婚して、子どもと一緒に過ごしたいですね」(東出)と理想を語っていた。

『すべては君に逢えたから』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング