ぴあフィルムフェスティバルが関西で連続開催

2013.11.25 11:10配信
第35回PFFぴあフィルムフェスティバル in 京都&神戸

第35回ぴあフィルムフェスティバルが12月に京都と神戸で連続で開催される。自主映画コンペティション“PFFアワード”の入賞作や、新作のプレミア上映など多彩なプログラムが用意され、監督たちも多数来場する。

その他の写真

本映画祭は1977年に“映画の新しい才能の発見と育成”をテーマにスタートしたもので、メインプログラムのコンペティション“PFFアワード2013”は、511本の応募作品の中から厳選された16作品が入選。9月に東京で最終審査が行われ、グランプリなど各賞が決定した。

関西地区は12月7日(土)から20日(金)まで京都シネマで、同月21日(土)から23日(月・祝)まで神戸アートビレッジセンターで開催。京都会場では8ミリ映写機を持ち込み、園子温監督や橋口亮輔監督、矢口史靖監督の8ミリ作品を上映する企画『さよなら?8mmフィルム』を行うほか、山田勇男監督の10年ぶりの新作『シュトルム・ウント・ドランクッ』をプレミア上映。神戸会場では斎藤久志監督の『なにもこわいことはない』をプレミア上映する。

また会場には山田監督をはじめとする作家たちが来場し、舞台あいさつや上映後のQ&Aイベントを実施する予定。

第35回PFFぴあフィルムフェスティバル in 京都
12月7日(土)から20日(金)まで 京都シネマ

第35回PFFぴあフィルムフェスティバル in 神戸
12月21日(土)から23日(月・祝)まで 神戸アートビレッジセンター

※今後の予定
2014年4月25日(金)から27日(日)まで 福岡市総合図書館

いま人気の動画

     

人気記事ランキング