ドコモ、海外でパケット通信を24時間単位で利用できる「海外1dayパケ」を開始

2013.11.25 18:46配信
冬の海外旅行シーズンにあわせて開始する

NTTドコモは、980/1280/1580円の定額で、海外でパケット通信を1日(24時間)単位で利用できる新しい海外向けパケット定額サービス「海外1dayパケ」を12月2日0時(日本時間)に開始する。

本来は高額となる国際ローミング中のパケット通信が、利用開始操作から24時間は定額で利用でき、24時間経過後はパケット通信が自動で停止するサービス。使いすぎを心配せずに、必要な日にムダなく利用できる。

利用開始から24時間以内に利用したデータ量が30MBを超えた場合、通信速度は送受信時最大16kbpsに制限する。利用の再開操作(利用開始操作)を行うと、速度制限前の通信速度で利用できるようになるが、再開時から24時間の定額料が別途必要となる。

定額料金は国・地域ごとに異なり、980円(韓国、台湾、香港、インドネシア、シンガポールなど)、1280円(中国、オーストラリア、イギリス、フランス、イタリア・バチカンなど)、1580円(アメリカ本土、ハワイ、インド、フィリピンなど)の3種類。「海外パケ・ホーダイ」同様、世界94の国・地域に対応する。

適用条件は、「Xi」または「FOMA」の総合プラン、「WORLD WING」、spモード/iモードなど、インターネット接続サービスを契約していること。「Xiデータ通信専用プラン」など、データ通信専用プランは対象外。利用には、ドコモショップ、My docomoなどで、事前の申込みが必要。利用開始操作は、渡航先で、12月に提供予定の専用アプリ「海外1day開始」の「利用開始」ボタンをタップするか、専用ダイヤル(*135*2#)へ発信する。「海外1day開始」アプリの対応機種は、Android 2.3以上を搭載したドコモのスマートフォン・タブレット端末。

データ通信端末など向けに、20万パケット(約24.4MB)まで最大1980円、20万パケットを超過しても1日最大2980円で利用できる2段階定額制の海外向けパケット定額サービス「海外パケ・ホーダイ」も継続して提供する。また、海外でLTEを利用した高速データ通信を利用できる「LTE国際ローミングサービス」についても、今年度中に提供できるよう準備を進めている。

NTTドコモは、12月2日から2014年3月31日まで、キャンペーンサイトから申し込んで「海外1dayパケ」を利用すると、抽選で合計400名にAmazonギフト券が当たる「海外1dayパケを使って当てよう~Amazonギフト券5,000円分プレゼント~」を実施する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング