シネックス、米軍規格の耐衝撃性能をもつiPhone用ケース「aXtionシリーズ」

2013.11.26 15:13配信
aXtion Go for iPhone5/5s

シネックスインフォテックは、米The Joy Factoryの、高い防水・防じん性能と米軍規格の耐衝撃性能をもつ薄型・軽量のiPhone用ケース「aXtion Go(アクション・ゴー)」と「aXtion Pro(アクション・プロ)」を、全国の家電量販店やオンラインショップのジョイファクトリーECサイトで、12月7日から販売する。

高い防水・防じん性能と、米軍の軍用規格MIL-STD-810G 516.6に準拠した耐落下性能を備える。マイク/スピーカー部には、水を通さず音だけを通す「Intelli-filter」特殊皮膜を採用し、クリアな通話や音楽再生ができる。背面マイク部にも、ノイズキャンセル機能を妨げないよう「Intelli-filter」特殊皮膜を採用した。ボリューム「+」ボタンは、写真撮影時の操作性を考慮して「-」ボタンよりも大きめにした。なお、iPhone 5s向けモデルには、「Touch ID」対応技術を搭載している。

「aXtion Go」は、4層保護構造、本体全面カバー、一般的な保護フィルムと比較して3倍の強度を備えたスクリーンを採用。JIS/IECでIP65の防水・防じん性能と高い耐落下・防キズ性能をもつ。

背面に13個の「Diamond Air Cushion」を搭載することで、耐衝撃性能と軽量化を両立し、スリムでスタイリッシュなデザインに仕上げた。

液晶面保護フィルムは、「SureGuard」テクノロジーによって高い衝撃吸収性能を実現しつつ、スムーズな操作性を維持する。さらに「SmartVoice」テクノロジーで通話品質を保つ。

カメラ部は大開口設計で、フラッシュ光の反射を回避。透明度が高くキズがつきにくい「Sharpvue」を採用する。サイズは幅68×高さ135×奥行き12mmで、重さは28.3g。付属のストラップを装着できるストラップホールを備える。

ラインアップは、iPhone 5専用の「aXtion Go for iPhone5」と、iPhone 5s/5対応の「aXtion Go for iPhone5/5s」の2モデル。

「aXtion Go for iPhone5」は、カラーがホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズブルーの4色。価格はオープンで、実勢価格は6980円前後の見込み。12月7日に発売する。

「aXtion Go for iPhone5/5s」は、カラーがブラック、ホワイト、ピンク、ターコイズブルーの4色。価格はオープンで、実勢価格は7980円前後の見込み。12月中旬に発売する。

「aXtion Pro」は、JIS/IECの防じん・防水規格としては最高等級のIP68を備えながら薄型・軽量を実現。液晶面保護フィルムは高い衝撃吸収性能をもち、スムーズな操作性を維持している。また、カメラ部は、二重コートの「AR(反射防止)Sharpvue」素材でキズや曇りのないクリアな写真撮影を実現し、大開口デザインで、フラッシュ光の反射を回避する。

Lightningコネクタ部にはロックスクリュー機構を、ヘッドホン部には締込み式のカバーを採用し、高い防水性能をもつ。ケースを装着した状態でも、マナーモードスイッチは通常と変わらない操作性を維持する。サイズは幅68×高さ135×奥行き12mmで、重さは28.3g。

ラインアップは、iPhone 5専用の「aXtion Pro for iPhone5」と、iPhone 5s/5対応の「aXtion Pro for iPhone5/5s」の2モデル。

「aXtion Pro for iPhone5」は、カラーがホワイト&グレー、ブラック&グレーの2色。価格はオープンで、実勢価格は9980円前後の見込み。12月7日に発売する。

「aXtion Pro for iPhone5/5s」は、カラーがブラック&ダークグレー、グレー&ホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は1万1800円前後の見込み。12月中旬以降に発売する。

このほか、「aXtion Go for iPhone5」「aXtion Pro for iPhone5」に対応したアームバンドやフローター(浮き輪)、オートバイマウントなどの専用アクセサリを、12月7日に発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング