スタートメニューも復活! 「Windows 8/8.1」を自力で“XPっぽくする”方法

「Windows XP」から「Windows 8」への買い替えで悩んでいる人も多いはず。一番の問題は“見た目”が違うから。ならば、Windows 8を“XPっぽく”してみましょう!

Windows XPのサポート終了まで、すでに半年を切っています。
Windows 8が使いづらそう……。とか言ってる場合じゃなくて、いよいよ本格的に乗り換えを考えなくてはならなくなりました。

しかし、どうしても慣れ親しんだXPが忘れられない! という人のために、Windows 8/8.1の見た目を何とかしてXPっぽくするための方法をご紹介していきましょう。
上の画面は実はそれを施した後のWindows 8.1。フリーソフトだけでもここまでXPを再現できますよ。やるべきことは4つ。

1.XPのスタートメニューを取り戻す
2.エクスプローラーのリボンを従来のメニューに戻す
3.XPの壁紙を手に入れる。
4.ついでにOfficeのメニューも従来メニューに戻す

さぁ、はじめましょう。

 

「Classic Shell」でスタートメニューを取り戻す

まずはスタートメニューの復活です。一番重要な項目ですこれだけでもすごく快適になるはずです。Windows 8から無くなってしまったスタートメニューを「Classic Shell」で復活させていきましょう。

 

リンク先からClassic Shellをダウンロードしてインストールしていきましょう。

英語のソフトですが基本的に「Next」で、はいはい進めていけばOKです。

 

インストールできたらスタートボタンを右クリックして「設定」をクリック。

 

「Classic with two columns」にチェックを入れます。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング