30種類以上の"クリームパン"

たくさんのパン好きに愛されている人気イベント「阪急パンフェア」が、2018年3月28日(水)~4月3日(火)の1週間、「阪急うめだ本店」の9階にて開催。今回は“パンで楽しむシェフの味と技”をテーマに、毎日会場に足を運びたくなる充実した内容となっています!

日本代表に選ばれた人気フレンチ「メゾン・ド・タカ芦屋」料理長高山シェフがプロデュースする「たかやマルシェ」が、今回初登場。フレンチの技を贅沢に盛り込んだ阪急限定の「ブリオッシュサンド」や、本場リヨンで食される見た目も可愛い「プラリネローズのブリオッシュ」が阪急先行販売で登場します。

また、東京・丸の内「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」がイートインで登場! フレンチトースト・ロブションスタイルをできたてで楽しむことができます。

そして、パティシエ界のクリエーター・辻口博啓シェフが手掛ける「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」からは、自然の恵みを贅沢に使ったカレーパンが登場。各界で活躍する一流の味が『阪急パンフェア』で楽しめます。

「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」のカレーパン

さらに「好きなパンランキング」で常に上位にランクインし、老若男女問わずファンの多い「クリームパン」を特集!

定番のカスタードクリームに加え、ピスタチオのクリームや春らしい桜のクリームをはさんだもの、「バックハウスイリエ」の会場限定の新商品などがラインナップ。初登場の「パン工房 泰」からは、連日売り切れ必至の人気のキューブ形のクリームパンが登場します!

加えて世界的にも有名な「フリアンド」谷口シェフをはじめ、「ビアンヴニュ」大下シェフ、「パン工房 フルニエ」坂田シェフ、「パリゴ」安倍シェフなど、憧れのブーランジェたちが日替わりで登場。普段見ることのできない製パン技術を間近で見られる上に、イベント・セミナーも毎日開催予定となっています。パン作りのヒントを学ぶ、人気ブーランジェ達によるショータイムは真のパン好きならば、見逃せません!