BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics. © 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

劇場アニメ『ニンジャバットマン』のトークイベントが、3月25日の「AnimeJapan 2018」BLUE STAGEにて開催されました。

ステージでは、キャットウーマン役の加隈亜衣さん、音響監督の岩浪美和さんが登壇し、アニメ映像の上映や『ニンジャバットマン』に関するトークが行われました。

左からMCの杉山すぴ豊さん、加隈亜衣さん、岩浪美和さん

まずは加隈さんと岩浪さんが来場者へ挨拶を行った後、トークイベントがスタート。スクリーンにメインビジュアルが公開されると、岩波さんは「忍者じゃないじゃん!」といきなり突っ込み、そして「ご安心ください、ちゃんと忍者になります」とコメント。

さらに「中島かずきさんがアメリカ人に“これでも食らえ!”と思い書いた脚本。悪い言い方をすれば非常にバカバカしい。良い言い方をするとこれ以上ない仕上がりになった」「今言えることは確実に面白い!」と新作バットマンについての魅力を語りました。

CG映像が熱い!

その後、『ニンジャバットマン』の魅力を発表。

最初のポイント<スタッフ/キャストがスゴい!!>では、 監督の水崎淳平さんやアニメ制作を手がける神風動画を指して「最近だと『ポプテピピック』のイメージしかないと思うけど、それだけじゃないんです」と岩浪さんがコメント。

また山寺宏一さんや高木渉さんといった豪華キャストが出演することについては、「最高にアダルト&セクシーなキャスト」と紹介。 加隈さんが「私よりもセクシーボイスな(田中) 敦子さんがいるので、恥ずかしい!」と照れる場面も。

次のポイント「映像がスゴい!!」では、 神風動画のポリシーとして“妥協は死”という言葉があると岩浪さんが語り、「本来、CG映像というものは画面が冷たい感じになりがちなんだけど、 本作は熱い! 『ジョジョ』の時もすげーなと思ったけど、 今回はさらに熱い映像になっている」と、これまでのアニメ映画とは一線を画す作品であると熱くコメントをしました。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます