バッファロー、新「おもいでばこ」はスマートフォン連携機能が向上

2013.11.27 17:48配信
スマートフォンと密に連携できる「おもいでばこ」

バッファローは、デジタルカメラなどで撮影した写真と動画データを自動で整理・保存するデジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」シリーズの新モデルとして、容量1TBの「PD-100S/W-L」と500GBの「PD-100S/W」の2モデルを12月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1TBモデルが3万円台後半、500GBモデルが3万円前後の見込み。

「おもいでばこ」は、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真や動画データを内蔵HDDに取り込み、テレビにHDMI出力して楽しむことができる。データを取り込む方法は、SDカード、USB、無線LAN経由の3通り。取り込んだ写真は、撮影した日付ごとにカレンダー表示したり、イベントごとにアルバムを作成したりしてまとめることができる。

2012年モデルは、無線LANでスマートフォン内の写真をワイヤレス転送する機能を追加したが、新モデルではさらに、「おもいでばこ」に保存した写真をスマートフォンで閲覧・整理できるようになり、さらに、写真を選んでLINEやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にアップする機能を備えた。

PC用ソフトでPC内の写真や動画を取り込むことができるほか、離れて暮らす家族の写真データをアルバム単位で受け取ることができる「ネットアルバム機能」、思い出の写真との偶然の出会いを楽しむ「おもいで散策機能」、選んだ写真に関連する写真の発見をアシストする「おもいでフォーカス機能」などを備える。また、エプソン製のプリンタ/複合機の「Epson iPrint」対応モデルと連携する。

保存できる写真・動画は最大12万点で、対応フォーマットは、写真がJPEG、動画がMotionJPEG、MP4、H.264/AVC。サイズは幅230×高さ35×奥行き155mmで、重さは約600g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング