アンジェラ・アキが無期限活動停止を発表

2013.11.29 12:30配信
アンジェラ・アキ アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキが2014年3月5日(水)に初のベストアルバムをリリースする事が決定。また、2014年4月5日(土)千葉・千葉県文化会館より全国ツアーを開催し、8月4日(月)東京・日本武道館でのツアー最終公演をもって、日本での音楽活動を無期限停止する事を発表した。

アンジェラ・アキは2005年にメジャーデビュー。翌年、日本武道館史上初となるピアノ弾き語りライブを成功させ、2008年にリリースしたシングル『手紙 ~拝啓十五の君へ~』がロングヒットを記録、教科書に掲載されるなど世代を超えて親しまれている。

今回の活動停止は、彼女がかねてから公言していた、ブロードウェイミュージカルの製作という夢をかなえるために決意。そのために家族とともにアメリカに移住し、音楽大学へ留学する事となった。

活動停止に際し、彼女は「最初に私の作品を発表したのが2004年。あれから10年間、私の音楽を愛し応援してくださるみなさんのおかげで、素晴らしい貴重な経験をすることができました。史上初の日本武道館ピアノ弾き語り公演や、合唱曲として多くの若者達に歌い継がれていく楽曲をつくることもできました。しばらく日本を離れることになりますが、私はこれからも楽曲を作り続け、歌い続け、みなさんに音楽を届けていくつもりです。そして近い将来、パワーアップしてまた必ず帰ってきたいと思っています。2006年最初の武道館公演のときに発表した新曲『サクラ色』の中でのメッセージを、今あらためて自分の胸に刻み込んでいます。「Keep on dreaming all your life/いつまでも夢を見つづけて」」とコメント。

活動停止前最後の全国ツアーは、全44公演行われ、これまでで最大規模。また、3月5日(水)リリースのベストアルバムは、未発表の特典映像も収録予定だ。彼女のコメント全文や、ベストアルバム、ツアーの詳細は公式サイトでご確認を。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング