ヤフーは3月28日、これまでインターネット上のみで利用可能だった決済サービス「Yahoo!ウォレット」に、バーコードを使ってスマートフォン(スマホ)から決済できる機能を追加、6月から実店舗での利用に対応すると発表した。実店舗での利用に先立ち、払込票に記載されたバーコードを読み取って自宅などで税金や公共料金を支払える「税金・公共料金のバーコード決済」の提供を4月に開始する。

バーコードによる決済は、提供開始の6月時点で「Yahoo! JAPAN」アプリ上に表示したバーコードを店舗の端末やレジに提示する「みせる」方法を採用。今秋には、店舗側の表示するバーコードをYahoo! JAPANのアプリでスキャンする「よみとる」方法も開始する予定。支払い方法は、Yahoo!ウォレットに登録したクレジットカードによる支払いと、コンビニエンスストアや銀行口座などでチャージした「Yahoo!マネー」(電子マネー)による支払いの2種類から選択できる。税金・公共料金のバーコード決済は、現時点で全国150以上の自治体が対象。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます