チャット感覚でメッセージをやりとりできるLINE。

スマホが普及した現代において、必要不可欠なコミュニケーションツールとなりました。

離れていても、一緒にいなくても、友達はもちろん、好きな人とすぐに繋がれるメリットがある反面、『大人の恋愛』においては注意しなければならない3つのポイントがあるのです。

1.気軽なコミュニケーションが招く“アラ”に注意

「毎日仕事に追われる日々。好きな人はいるけれど、相手と休日が合わない……」学生の頃よりお金は自由に使えるようになったけれど、時間の自由がきかない大人の恋愛。

慌ただしい毎日の中で、LINEは好きな人と実際に会っていなくても、そこにいるかのような気分でメッセージをやりとりできますよね。

しかし、感覚的な操作でメールというより、チャットに近いLINEの最大の特徴である「気軽なやりとり」が、コミュニケーションの“アラ”を生み出すことも。

テレビを見ながら、食事をしながら、仕事をしながら……

何かの作業と平行できるからこそ、ダラダラと雑なやりとりが続いてしまったり、会話のひとつひとつに内容がなかったり。

これでは、なんとなくな雰囲気で伝言ゲームをしているような感覚になってしまいますよね。

ダラダラLINEで“アラ”が出てくると、デートに誘うタイミングや真剣な話をするキッカケすら潰してしまう危険性があります。

恋人関係であるならまだしも、片想いの段階だと進展の可能性が薄れるだけでなく、新鮮さも削られてしまうので、好きな人とのLINEは時間を決めたり、無理して長続きさせようと思わなくてOK!

「あ! ○○ちゃんからLINEだ」と、相手にちょっと喜んでもらえる存在になるためには、ダラダラLINEよりもメリハリLINEを目指しましょう。

2.LINE上での駆け引きはリスクも大きい

コミュニケーションの感覚は人それぞれ異なるもの。

会話のキリがいいところで返信をストップしちゃう人もいれば、それに対して「既読無視されちゃった……どうしよう!」と不安になる人もいますよね。

また、急を要するLINEにはすぐに対応するけれど、そうじゃない場合「あとでゆっくり返信すればいいか」と思う人も。

だからこそ、文章だけのやりとりとなるLINEでは、恋の駆け引きは危険! 

表情や声色で雰囲気を察することができれば自分の気持ちも伝わりやすいですが、文章だけ見ると、どうしても裏を読んでしまいます。

たとえば「最近、会えなくて寂しいな……」と思っているとき、電話であれば、どうして寂しいのか、どんな気持ちで発言しているのか、声色であらかた判断できます。

しかし、LINEで「寂しいな」と送っただけでは、気持ちの背景を察するのが難しくなってしまいますよね……。

返信が早かったら脈あり! 既読無視なら脈なし! と一概にも言えないので、LINEの態度だけで恋の駆け引きをしてしまわないよう、注意しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます