シュワちゃん、生涯現役を日本のファンに約束

2013.12.4 15:18配信
アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガーが、シルベスター・スタローンと共演した『大脱出』を携えて来日。3日に都内で行われたジャパン・プレミアでファンと触れ合った。

その他の画像

ハリウッドを代表する筋肉系スター競演の本作は脱獄アクション。刑務所の安全性を図るコンサルタントとして脱獄を生業とする主人公(スタローン)が組織にハメられて、難攻不落の海に浮かぶ刑務所へ。陰謀を打破すべく脱獄を図るが…。シュワルツェネッガーは刑務所でカリスマ的な支持を集める囚人を演じている。

本作への出演に関し「スタローンに何より感謝したい。ある日突然、電話してきて『脚本が見つかったぞ』と言うんだ。『何がいいんだい?』って聞いたら『おれとお前がスクリーンでやっとファイト出来るんだ』と言うから、『おい、そうするとおれが勝っちゃうぜ』と言ってやったんだ。そしたらヤツも『そういっても実際にはおれが勝つよ』と言う(笑)。じゃあやってみようってなったんだ」とふたりの間で交わされたやりとりを明かしてくれた。

さらにスタローンとの関係性に言及。「昔はライバルだったけど、いまはコラボレーションもうまくいっていていい友人だね。これからも一緒に作っていくよ。『エクスペンダブルズ3』ももう撮ったんだ」と明かし、会場は歓声に包まれた。今後については「いつも『引退する気は?』って聞かれるんだけど、こんな嫌な質問はないね。演じるのが大好きなんだ。なぜ辞めなきゃいけない? 倒れて死ぬまでやり続けるよ。絶対に引退なんてしない」と生涯現役を約束しファンを喜ばせた。日本には40年にわたって足を運んできたが「70年代はボディビルやフィットネスのプロモーションで来たんだ」と懐かしそうに語る。そして『コナン・ザ・グレート』、『ターミネーター』、『コマンドー』、『ツインズ』、『キンダガートン・コップ』と過去にプロモーションのために来日した際の出演作品をあげ「日本のファンはずっと忠実に応援し続けてくれた。大好きだよ」とファンに感謝の気持ちを伝え「I'll be back(また戻ってくる!)」と大ヒット作『ターミネーター2』での名セリフを口にした。

『大脱出』
2014年1月10日(金)、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング