声優初挑戦の内野聖陽と夏菜、“ルパコナ”を語る

2013.12.4 18:25配信
(左から)内野聖陽、夏菜

俳優の内野聖陽と女優・タレントとして活躍する夏菜が『ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE』にゲスト出演し、声優デビューを飾った。天下の大泥棒と頭脳明晰な名探偵という永遠のライバルが火花を散らす本作にちなみ、「自分にとってのライバルは?」と質問をぶつけた。内野&夏菜が考えるライバルとは?

その他の写真

今や“ルパコナ”の通称で親しまれるルパン三世と名探偵コナンの対決は、2009年のスペシャルアニメ版に続き2度目で、劇場用作品としては初めて。秘宝“チェリーサファイア”をめぐる駆け引きを軸にしたオリジナルストーリーで、内野が国家存亡をかけた裏取引を首謀する謎の男アラン・スミシー、夏菜は来日中の人気歌手エミリオの美人マネージャーで、裏取引のカギを握るクラウディアをそれぞれ演じる。

「何かを企てている悪そうな男ではあるんですが、芯の部分で非常にピュアなものを持った人物。それゆえに想像が広がるし、演じがいがありました」(内野)、「エミリオへの母性が強い分、罪悪感を背負わなければいけない。そんな影のある哀愁を声で表現したかった」(夏菜)。

“ルパン世代”代表の内野はこう語る。「ルパン三世は子どもの頃からのヒーロー。飄々としていて、狙った獲物もサラッと盗んでしまう。次元や五ェ門、周りのキャラクターも魅力的だし、何より可愛い子ちゃんに弱いでしょ(笑)。男の子が好きな要素が全部詰まっている」。片や“コナン世代”の夏菜は「今まで、こういう謎解き漫画はなかったと思いますし、トリックのアイデアが本当に豊富で飽きさせない。まるで少女漫画みたいな恋愛模様も描かれるんですよ。それが“女子萌え”ポイントです」と声を弾ませた。

そんなふたりは自分自身のライバルについて「一番は理想の自分、かな。常に自分が抱く理想のイメージと戦っている気はする。もちろん、仕事の現場で『この人には負けたくない』って思える相手に出会うと俄然燃えるし、闘争心が駆りたてられる。いいライバルがいれば、自分も大きくなれるし、それは幸運だと思いますね」(内野)、「私もライバルと聞くと、まずは自分との戦いを連想しますね。常に『こうありたい』という気持ちで動いています」(夏菜)と語ってくれた。

『ルパン三世 vs 名探偵コナン THE MOVIE』
12月7日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング