ドライブ&食べることが好きな主人と私。ご当地パスタで有名な高崎へ。

市が作成している『絶メシ』(地元民に愛されながら絶滅の危機に瀕している個人経営店)リストに載っているお店に行き、さすがにそれだけではなあと観光も少しして、高速を使わず下道で自宅まで。

立ち寄れるパン屋さんがないかと調べたところ、ちょっと気になるお店が見つかりました。国道17号線沿い、深谷警察署入口の交差点近くにある「アンディズ」さんです。

かなり年季の入った外観で、奥には厨房らしき建物が増築されていて、長く手作りでお店を続けられているのだろうなというのを感じます。古くて味のあるものが好きな主人が興味を持っています(笑)

道路沿いの窓に貼ってある「コッペパンあります」の手書きの文字、こういうの好きなんです。

店内も手書きの札で溢れていて、木製の棚に郷愁を感じます。

夕方に訪れたので残念ながら棚には商品が少なかったですが、私達の好きなカレーパン、焼きそばパンなどが残っていたので夕食用に購入。

肝心のコッペパンは、レジで注文してその場でサンドにしてくださいます。

レジの横にメニュー表。プレーンが90円。1種類選んで挟むと130円、バターも一緒に挟むと150円。明朗会計です♪

きなこ揚げパン、ココア揚げパンも給食で食べて以来だったのですごく悩んだのですが、揚げたてはその場で食べないともったいないと思ったので諦めました(涙)。また来ます!!

お会計しながらお店の方にお話を聞いたら、この場所で創業してから40年を過ぎたそうです。「古くてねえ」とおっしゃいますが、お客様はすべて含めてこのお店が好きで買いにいらしていると思います!

レジの後ろに見えるオーブンが年季が入っていたので、それについてもお聞きしたら、「今はこれは使ってないんですよ。奥に現在のオーブンがあります」と。

綺麗に磨き上げられていて、そんなところにもお店の方の道具を大切にする姿勢などが感じられ、私の中でアンディズさんへの愛が溢れてしまいました!! 家から遠いのが本当に残念。