JVCケンウッド、ハイブリッド手ブレ補正搭載ビデオカメラ「Everio GZ-E765」、コンパクトモデル「GZ-E355」も

2013.12.12 21:18配信
GZ-E765

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、ハイビジョンビデオカメラ「Everio(エブリオ)」の新製品として、高倍率ズームと高精度の手ブレ補正機能を搭載したハイビジョンビデオカメラ「GZ-E765」と、コンパクトサイズの「GZ-E355」を12月下旬に発売する。

284パターンの撮影シーンを自動で認識・判別して、最適な映像処理を行う「インテリジェントオート撮影」機能や、記録段階で処理を行うことで臨場感のある音声を記録する高音質化技術「K2テクノロジー」、環境変化に応じて自動で風切り音を軽減する「自動風切り音カット機能」を搭載。スマートフォンでユーザーガイドを見ることができる「スマートユーザーガイド」に対応する。

「GZ-E765」は、総画素数251万画素の高感度裏面照射CMOSセンサを搭載。光学ズーム38倍、ダイナミックズーム65倍に対応し、室内撮影でも広々と撮れる35mmフィルム換算で29.3mm相当の広角を実現している。

光学ブロック内のレンズ自体を動かして手ブレ補正を行う新開発の光学式手ブレ補正機構をレンズに備える。ワイドからズームまで、あらゆるシーンでの手ブレを抑え、より強力な手ブレ補正ができる独自のアクティブモードを搭載することで、被写体と一緒に歩きながら撮影する際にも手ブレを強力に抑制する。

液晶パネルの開閉と連動する「オートレンズカバー機能」や、録画スタンバイする「クイックパワーオン機能」を備え、外部マイクやビデオライトなどのアクセサリを装着できるシューアダプタを搭載。臨場感のある音声記録ができる、マイク・ヘッドホン端子を備える。

内蔵メモリは32GBで、対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅53.5×高さ59.5×奥行き116.5mmで、重さは約270g。カラーは、ローズレッド、アーバンブラウン、シルキーホワイト、フローラルバイオレットの4色。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

「GZ-E355」は、光学ズーム40倍、ダイナミックズーム60倍に対応し、室内など暗いシーンでもノイズが少なく、より鮮明な撮影ができる総画素数251万画素の高感度裏面照射CMOSセンサを搭載する。

手ブレ補正機構には、被写体と一緒に歩きながら撮影する際にすぐれた手ブレ補正を実現する独自のアクティブモードを採用する。

内蔵メモリは16GBで、対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅50.0×高さ55.0×奥行き116.0mmで、重さは約220g。カラーは、ピンクゴールド、アーバンブラウンの2色。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング