JVCケンウッド、ママのためのビデオカメラ「BabyMovie GZ-N1」

2013.12.12 21:14配信
GZ-N1

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、ハイビジョンビデオカメラ「Everio(エブリオ)」の新製品として、世界最小・最軽量の「BabyMovie」シリーズの「GZ-N1」を、12月下旬に発売する。カラーは、ピンク、ホワイト、グリーンの3色。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

赤ちゃんや小さな子どもをもつママが、いつでもどこでも簡単に高画質撮影ができる、という新コンセプトで開発。従来モデル「GZ-E565」と比較して、40%の小型化と30%の軽量化を実現し、携帯性を大幅に向上した。小さくてかわいいデザインで、外装には安心して使えるように業界初の抗菌塗装を施している。

小型ながら、総画素数1276万画素の高感度裏面照射CMOSセンサを搭載。新開発の明るいF1.6の光学ズーム10倍/ダイナミックズーム22倍のレンズと組み合わせることで、室内など暗いシーンでもノイズが少なく、鮮明で高精細のフルハイビジョンムービーを撮影できる。

このほか、より強力に手ブレを補正する独自のパワードアクティブモードや、テーブルや床に置いて撮影できる内蔵チルトスタンドを備える。また、超解像技術による1200万画素相当の静止画撮影や、撮影シーンを自動で認識・判別する「インテリジェントオート撮影」、パーソナルクラウドサービス「マイポケット」に対応する。

内蔵メモリは8GBで、対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅47×高さ56×奥行き86mmで、重さは約180g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング