KDDI、スマートフォン対応GPS「あんしんGPS」、遠隔操作でいつでも位置情報を確認

2013.12.13 15:34配信
あんしんGPS

KDDIと沖縄セルラーは、登録したauスマートフォンからの遠隔操作で、いつでも位置情報の確認などができる「あんしんGPS」を、12月14日に発売する。

あらかじめ登録したスマートフォンからの遠隔操作によって、いつでも位置情報の確認ができるGPS端末。小型・軽量で、クルマやバイク、カバンなど、さまざまなものに取りつけることができる。盗難など、万が一の場合に備えて、加速度センサによる振動や移動を検知して通知する「見張りモード」を備える。

緊急時にブザーを押すと、自分の位置情報をあらかじめ登録したスマートフォンに通知。現場に行くことができない場合などには、セコムの現場急行サービスも利用できる(別途申込みが必要)。また、スマートフォンから遠隔操作でブザーを鳴らすことができる。

ウォーキングやジョギングなどの状態判別に対応した「歩数計機能」を搭載し、記録した歩数や消費カロリーの履歴をスマートフォンで確認できる。

IPX5/IPX8の防水性能と、IP5Xの防じん性能、ミルスペック準拠の耐衝撃性能を備える。サイズは幅53.0×高さ41.0×奥行き14.3mmで、重さは約33g。

専用の料金プラン「あんしんGPSプラン」の基本使用料は、2年契約の「誰でも割シングル(特定機器)」加入の場合は月額399円で、最大24か月間は基本利用料が無料。「誰でも割シングル(特定機器)」未加入の場合の基本使用料は月額1449円。

au公式アクセサリ「au +1 collection」からは、カバンや自転車のワイヤ錠などに取りつけることができる専用ソフトケースとホルダーを発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング