上戸彩、8年ぶり主演映画『武士の献立』公開に感慨

2013.12.14 20:24配信
(左から)朝原雄三監督、高良健吾、上戸彩、西田敏行、余貴美子

映画『武士の献立』が12月14日(土)に公開を迎え、8年ぶりに映画主演を果たした上戸彩をはじめ、高良健吾、西田敏行、余貴美子、朝原雄三監督が丸の内ピカデリーで行われた舞台あいさつに登壇した。

その他の写真

揶揄と親しみをこめて“包丁侍”と呼ばれた、料理方として藩に仕える武士の一家のドラマを史実を交えながら描いた本作。

上戸ら登壇陣は全員、和装で登場し映画を見終えたばかりの観客の温かい拍手と笑顔に迎えられた。上戸は「TVドラマで育ってきたので、お金を払って見に来ていただく映画に出ることにプレッシャーがあり、怖いと思って逃げている内に8年が経ってしまいました」と振り返る。「25歳を過ぎてお金(興行成績)を気にせずにやりたいと思える作品をやりたいと気持ちが変わった」と明かした。

高良は時代劇初挑戦で、所作に加えて包丁侍として料理の手ほどきも受けるなど習得しなくてはいけないことが多かったが「それは当たり前にしないといけないこと。しないと不安なので。包丁も殺陣ももっとできたらという思いでした。初めてのことだらけで毎日が勉強でした」と語った。

安信の父を演じた西田はそんな2人を見やり「立ち居振る舞いから全てが愛おしかった。このままずっと家族でいたかった」と目を細め、母親役の余も「こんな良い子たちいませんよ」と懐かしそうな目で語った。

先日、世界無形文化遺産に和食が登録されたが、上戸は「だしの取り方や味にこんなにうるさい国は日本しかないと思います。素材の味を生かした薄味でヘルシー。ハリウッドの方もダイエットに和食を取り入れていると聞いてますが、この映画を通じてもっといろんな方にその素晴らしさを知っていただけたら」とアピール。

高良は劇中で上戸演じる春が、かぼちゃの煮付けを作るシーンに触れ「映画ではシーンが変われば(料理が)できているけれど、実際はその何倍もの時間がかかってます。『いつもよりおいしい』と言われる料理を作る春らしいところですが、その時間をちょっとでも感じていただけたら」と呼びかけた。

『武士の献立』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング