シャープ、Windows 8.1搭載の10.1インチタブレット端末「Mebius Pad」、IGZO液晶ディスプレイを搭載

2013.12.18 18:34配信
Mebius Pad

シャープは、OSにWindows 8.1を採用し、高精細のIGZO液晶ディスプレイを搭載した10.1インチのタブレット端末「Mebius Pad」を、2014年1月31日に発売する。ラインアップは、Windows 8.1 Pro搭載の「TA-H10L-B」と、Windows 8.1とMicrosoft Office Home & Business 2013を搭載した「TA-S10L-B」の2機種。価格はオープンで、実勢価格は13万~13万5000円前後の見込み。

CPUにインテルAtom Z3770を採用し、10.1インチIGZO液晶ディスプレイ(解像度2560×1600)、4GBのメモリ、64GBのフラッシュメモリを搭載する。インターフェースは、USB3.0×1、micro SIMスロット、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロット、約800万画素のアウトカメラ、約200万画素のインカメラなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0+HS。

本体は防水/防じん仕様。LTE通信モジュールを搭載し、別途契約することで、NTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」や「FOMA」、MVNOのサービスを利用できる。また、NFC(近距離無線通信)に対応する。充電クレードルや、スムーズに手書きができる高感度のタッチペンが付属する。

このほか、側面の「QUICK」ボタンを押すと、使用状況を判断しておすすめの設定を表示し、使いやすい状態にカスタマイズする「QuickAgent」機能を備える。また、複数台の本体間で簡単に資料を共有することができるミーティング用ソフト「タッチディスプレイリンク2.0 for Mebius Pad」や、手書きメモに活用できる「ペンソフトモバイル」など、便利なソフトを搭載する。

「TA-H10L-B」は、OSにWindows 8.1 Proを採用し、企業内のセキュリティに対応。「TA-S10L-B」は、OSにWindows 8.1を採用し、Microsoft Office Home & Business 2013を搭載する。

バッテリ駆動時間は約15.5時間で、充電時間は約5時間。サイズは幅265.0×高さ9.5×奥行き171.0mmで、重さは約595g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング