I・Oデータ、23インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF235XDBR」、フレームレスパネルで省スペース化

2013.12.19 14:4配信
LCD-MF235XDBR

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、段差のないフラットなフレームレスパネルを採用した23インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF235XDBR」を、2014年1月上旬に発売する。価格はオープンで、オンラインショップのアイオープラザでの価格は2万9800円。

23インチワイドADS液晶パネル(解像度1920×1080)を搭載。映像入力端子は、HDMI×2、DVI-D(HDCP対応)×1、ミニD-sub15ピン×1を備える。また、1W+1Wのスピーカーと、直径3.5mmのステレオミニジャックを搭載する。

パネルの上部と左右に、フレーム(枠)による段差のないフラットなフレームレスパネルを採用し、オフィスにも自宅の部屋にもマッチするスタイリッシュなデザインにした。従来モデルと比較して約10%小型化し、21.5インチモデルとほぼ同等のサイズで23インチの画面を利用できる。

液晶パネルには、「ADS(Advanced super Dimension Switch)パネル」を採用。見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、どこから見ても鮮明な映像を映し出す。

専用のメガネやフィルターを使用することなく、PC使用時の目の疲れの原因とされるブルーライト(青色光)を低減する「ブルーリダクション」機能を搭載する。サイズは幅529×高さ374×奥行き194mmで、重さは3.7kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング