日立マクセル、ネットワークレコーディングHDD「Family Max」、「iV」へのムーブにも対応

2011.12.26 18:40配信
Family Max

日立マクセルは、ネットワークレコーディングHDD「Family Max(VDR-NAS-1TB)」を、2012年1月10日に発売する。互換性のある機器ネットワークのガイドライン、DLNAに対応した機器で録画したテレビ番組をネットワーク経由で内蔵HDDに保存でき、カセットHDD「iV(アイヴィ)」へのムーブにも対応する。価格はオープンで、実勢価格は2万8000円前後の見込み。

東芝の「レグザ」や日立の「Wooo」など、録画対応テレビの内蔵HDDや外付けHDDに録画したテレビ番組を、DLNAネットワーク経由で1TBの内蔵HDDにダビング・ムーブできる。通常、テレビの内蔵HDDや外付けHDDに録画した番組は、録画したテレビでしか見られないが、DLNAで「Family Max」にダビング・ムーブすることで、他のテレビでも視聴できる。

カセットHDD「iV」スロットを搭載し、内蔵HDDにダビング・ムーブした番組のiVDR-Sメディアへのムーブ・ダビングに対応。また、「スカパー!HD」対応チューナーとLANケーブルで接続して、「スカパー!HD」の番組を録画できる。

内蔵HDDにダビング・ムーブした番組は、東芝のブルーレイディスク(BD)レコーダー「レグザブルーレイ」や、パナソニックの「ディーガ」にムーブでき、録画した番組をDVDやBDに保存できる。サイズは幅260.0×高さ45.1×奥行き240.0mmで、重さは約2.2kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング