恋をすると、一日でも早く結ばれて幸せになりたいと思うものですよね。

それは男性もまったく同じ。ちょっとでも交際のチャンスを高めるために、地道な努力をしているといいます。

そこで今回は、アラサー男性を対象に恋愛に関するアンケートを実施! 「本命の女性に使ったことのある口実」を告白してもらいました。

1.「渡したいものがある」

「出張や旅行でお土産を買ってくるのは、彼女に会う口実作り。『渡したいものがあるから、ちょっとだけ会えないかな?』とデートに誘い出せば、嫌な感じはしないでしょ?」(33歳/メーカー)

確かに「お土産を買ってきた」「渡したいものがあるから」と言われると、悪い気はしませんよね。

たとえ興味のない男性だったとしても、デートしてみようかな……なんて前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。

でも、ものに釣られてホイホイついて行って相手の気持ちを弄んではいけません。

シャイな男性ほどお金と時間をかけて慎重にアプローチしてくる傾向があるので、しっかり向き合ってみて!

2.「お願いがある」

「女性に警戒されないように、『家族の誕生日プレゼント選びに付き合ってほしい』とか『迷っているから買い物に付き合ってほしい』とお願いする。

困っていることを口実にすれば、すんなりOKをもらえるケースが多いし、ここで断られたら脈なしだって諦めもつくから、俺は本気で向き合いたい女性の見極めに使うかな」(31歳/メーカー)

「デートしよう」とストレートに誘い出す勇気のない男性は、「お願いがあるんだけど……」と申し訳なさそうに話を切り出してくるもの。

家族のプレゼント選びや自分の買い物など、その内容はさまざまです。中には仕事の相談を持ちかけて、励ましてほしいとお願いする男性もいるそうですよ。

つまり、気になる男性から「お願い」の声が聞こえてきたら、あなたを本気で落とそうとしているサインかもしれませんね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます