「今年こそ結婚できますように」

初詣でこんなお願いをした女性も多いのではないでしょうか。

気づけばもう4月。願いは叶いそうでしょうか?

もしも、結婚に向けて何をすればいいかわからず、まだ一歩を踏み出せていないなら、寒い冬が終わって、活動的になれる今が仕切り直しのベストタイミングです。

そこで今回は、アラサー女性が婚活を成功させるためのポイントを、実例をもとにご紹介します。

期限を決める

みなさんは、婚活に期限を定めていますか? ただぼんやりと「いつか結婚できればいいや」と考えているなら、今すぐ期限を決めてしまいましょう!

結婚の予定はない! 相手もいない! そんな段階でも「一年以内に結婚する」と宣言するんです。

少し違和感があるかもしれません。筆者も、友人にこう宣言されたとき「大丈夫かなぁ」と心配しましたし、本当に結婚するつもりがあるのか、半信半疑でした。でも、その一年半後、半年遅れではありましたが、宣言通りに彼女は結婚! ちなみに結婚相手は、結婚宣言をした当時付き合っていた人とは別の男性です。

彼女は「期限を決めたら、今付き合っている男性は結婚向きではないなって、現実的な判断ができるようになった」と言いました。

期限を決めると、結婚相手に求めるものを、より具体的にイメージできるようになります。 ダラダラ婚活から抜け出すにも、期限を定めて集中して婚活するのは大切です。 

行動あるのみ

婚活パーティーにマッチングサイト、スマホアプリ……。出会う方法は様々です。まずは先入観を持たず、いろいろと試して行動し、出会いの数を増やすことも大切。

行動量を増やすのは、出会う数を増やすことだけが目的ではありません。行動して“場数を踏む”と、今まで気づかなかったことに気づけるものです。

例えば、筆者の知人の女性は婚活パーティーとマッチングサイトを使い、たくさんの男性と会ったことで、近くにいた同僚男性の魅力に気づき、結婚しました。

また別の知人は、婚活パーティーに行って「男性との出会い」に慣れたことで、友人に紹介された男性とのデートに臆することなく挑戦でき、紹介されたその男性と結婚しました。

彼女は「婚活パーティーでいろいろな男性と話した経験がなかったら、友人からの紹介も、恥ずかしいからと断っていたと思う」と言います。

行動量を増やし経験値を上げるとことは、男性に対する心理的ハードルを下げる役割もあります。 

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます