GIGABYTEがマザーボード新製品を発売

GIGABYTE Technologyは4月3日、Intel H370/B360チップセットを搭載したマザーボード新製品の販売を開始すると発表した。

新製品として、ATX規格のPCゲーミング向け上位モデル「H370 AORUS GAMING 3 WIFI」(価格は1万9000円前後)、ATX規格のスタンダードモデル「H370 HD3」(同1万5000円前後)、MicroATX規格のスタンダードモデル「H370M D3H」(同1万5000円前後)、MicroATX規格のエントリーモデル「B360M DS3H」(同1万円前後)、Mini-ITX規格のスタンダードモデル「H370N WIFI」(同1万9000円前後)の5種類を用意。

とくに、H370 AORUS GAMING 3 WIFIは、8+2CPU電源フェーズ設計、ALC1220-VB+WIMA高音質オーディオ、2連M.2スロット(一つはM.2 Thermal Guard付き)、リアUSB 3.1 Gen.2 Type-C、Digital LEDテープ対応RGB Fusion、Ultra Durable PCIe & メモリアーマーなど、通常より上位チップセットのマザーボードが搭載する機能を備えている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます