オンキヨーデジタルソリューションズのBluetoothレシーバー「WR-BT300」、aptXやAAC対応で高音質を実現

2013.12.24 13:30配信
WR-BT300

オンキヨーデジタルソリューションズは、高音質コーデックのaptXとAACに対応したBluetoothレシーバー「WR-BT300」を、12月下旬に発売する。価格はオープンで、オンラインショップのオンキヨーダイレクトでの価格は6480円。

Bluetooth 4.0に対応したBluetoothレシーバー。コンポやアンプ内蔵スピーカー、テレビなどの外部音声入力端子に接続することで、スマートフォンに保存した音楽をBluetooth経由でワイヤレス再生する。

Bluetoothの標準的な音声コーデックであるSBCに加えて、aptXとAACにも対応。伝送による音質劣化を抑えて音質を高めている。

スマートフォンだけでなく、Bluetooth機能搭載のタブレット端末やPCなどとの接続も可能。最大8台までのペアリング情報を記録するので、接続機器が変わってもペアリングの手間がかからない。

音声出力端子は、RCAピンジャック×1系統、直径3.5mmのステレオミニジャック×1系統、光デジタル出力(角型)×1系統を備える。ラバー塗装を施し、上面に光沢UV塗装を採用することで、高い質感を実現した。サイズは幅86.1×高さ27.4×奥行き59.8mmで、重さは約86g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング