ソニーは、4系統のライン入力に加え、レコードプレーヤーと接続可能なフォノ入力に対応するステレオインテグレートアンプ「STR-DH190」を4月21日に発売する。税別価格は2万2500円。

レコードをはじめ、さまざまな機器から音楽再生できる

レコードを聴くために必要なフォノアンプやパワーアンプを内蔵しているほか、Bluetoothでスマートフォンとも接続できる多機能なアンプ。フォノアンプは、MM型のカートリッジに対応しており、ノイズを最小限に抑える設計。「リニア広帯域パワーアンプ」は、広帯域でローノイズな音質を実現する。

使い勝手の面でも優れている。「フォノボリュームオフセット」機能で、レコードプレーヤーの音量を0~+6dbの範囲で調整できるほか、スマホからBluetooth経由で本機を起動できる。

スピーカー出力端子は2系統装備しており、AorB/A+Bの切り替えが可能。パーツにXXエンボスデザイン採用の新FBシャーシを採用することで、強度を確保しつつ小型化した。サイズは幅430×高さ133×奥行284mm、重さは6.9kg。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます