ハマる人続出! 「趣味コン」を楽しむための極意と人気の理由

2014.1.17 10:30

2012年の流行語大賞にノミネートされたこともある「街コン」ですが、その後さらに人気を博し、2013年にはなんとAll About Award2013「国民の決断」にて、街コンジャパンの「趣味コン」が2位にランク入りしました! そこで今回は、「趣味コン」の極意をお伝えします。

昨年、流行語大賞にノミネートされた「街コン」ですが、ピークが去るどころかさらに人気を博し、なんとAll About Award2013「国民の決断」にて、街コンジャパンの「趣味コン」が2位にランク入りしました! 

そこで今回は、「趣味コン」の極意をお伝えします。

 

大人気「趣味コン」の誕生秘話

2013年度版「厚生労働白書」によると、18歳~39歳の男性6割、女性の5割が特定の交際相手がいないことが明らかに。その理由として、「自分の趣味に力を入れたい(男性55.7%、女性57.0%)」という回答が挙げられました。その点に着目し開催されブームを呼んだのが、実は「趣味コン」だったのです。

そんな「趣味コン」ですが、何と言っても今年は「エヴァコン」がダントツの人気でした! 全国開催され一巡したのもつかの間、先月、早くも渋谷にて凱旋開催されました。

他にも「趣味コン」には、国内最大級の夏フェスとコラボした「a-nationコン」、映画好きが集まる「シネコン」、着物姿で大相撲を観戦する「着物コン」、読書好きが集う「図書コン」、芸術好きの「美術館de街コン」、アニメでは「マクロスコン」、ゲームではモンスターハンター4の「狩コン」と、チケットが完売になる「趣味コン」が続々と開催されています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング