"一緒に飲める"アイドル!?「かんない少女隊」直撃インタビュー&ライブレポ

アイドル戦国時代の中、なんと「一緒に飲めるアイドル」の情報をキャッチ! 横浜・関内で活動しているという「かんない少女隊」の正体を探るべく、ライブレポ&インタビューを敢行!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
関内の飲み屋さんで「かんない少女隊」というアイドルがライブをやっているらしい。「飲みに行けるアイドル」とあり少女なのに飲みに行ける?とキニナった。どんな活動をしているの?(ダイアモンドさんのキニナル)
 

舞踏の輪は関内にある

「アルファベットと数字が組合わさった」アイドルが全盛を極めている昨今。後に続けとばかりに日本中でさまざまなアイドルが誕生している。 

そんななか、アイドルなのに飲める? とはコレいかに?
ネットで検索してみると、関内のとあるお店で活躍をしているらしい。論より証拠、実際に行ってみよう。

 

こちらがそのお店

JR関内駅北口から馬車道方面へ5分ほど。彼女たちがいるというお店に到着。

 

マルチエンタメライブ食堂「YOKOHAMA ThreeS(ヨコハマスリーエス)」

 

看板に「かんない少女隊」の文字。ここに間違いなさそうだ
入口にファンからの花が  拡大画像表示
 

階段で地階へ。ドアを潜ると、まさにライブハウスといった趣きの店内が出現。

 

店内は、こんな感じ
 
もちろんステージもある!  拡大画像表示
 

―すみませーん。「はまれぽ」なんですけど・・・(いつもの交渉、スタート)。

 

川本翔大さん。ステージの企画・構成も手がける
拡大画像表示

・・・というわけで取材交渉完了。 店長の川本翔大さんにお話を伺うことができた。

 

こちら「YOKOHAMA ThreeS(スリーエス)」はライブを観ながら飲食ができるお店。店名の3つのSとは食、酒、SHOW(笑)の頭文字からきているそうだ。

―飲みに行けるアイドルがいるそうなんですが・・・。
「はい。ウチの店がプロデュースした“かんない少女隊”ですね」と川本氏。
正式な名称は、かんない少女隊。6人組のユニットだそうだ。

そしてここで訂正が。

「正式には“飲みに行ける”ではなく、アイドルと“一緒に飲める”です」

舞台と客席の仕切りがなく、舞台上の席と、客席側に別れつつも、一緒にお喋りをしつつ盛り上がりながら飲めるので、「一緒に飲めるアイドル」。

ライブは毎日行っているわけではなく、文化人のトークや漫才が入る。彼女たちのライブスケジュールはホームページをチェックしてほしい。

 

メンバー考案のカクテルもある。未成年メンバーはノンアルコールだ  拡大画像表示

メンバーは、さとうしお、桜木そら、絵里澤(えりさわ)えゆ、彩咲(あやさき)あみ、 愛川あかり、天水(あまみ)あやか の6名。

ちなみに「天水あやか」だが、幽霊メンバーで顔も年齢も非公開。主にTwitter上で活躍しているという。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング