ジャズ演奏動画のコンテスト「Diners Club Social Jazz Session 2013-14」、リー・リトナーさんとの共演を目指せ!

2013.12.27 15:6配信
Diners Club Social Jazz Session 2013-14

ダイナースクラブカードの日本での発行元であるシティカードジャパンは、ジャズを演奏した動画を投稿する動画コンテスト「Diners Club Social Jazz Session 2013-14」を、4年ぶりに開催する。応募期間は2014年2月11日まで。

募集パートは、ピアノ、ベース、ギター、ドラム、管楽器、ボーカル、その他の7ジャンルで、公式サイトでエントリーし、課題曲を演奏する様子を撮影した5分以内の動画を投稿する。

2月18日までは視聴者による投票期間で、2月19日~3月5日の審査員による最終審査で最大10名程度の優秀賞が選ばれ、Blue Note Tokyoでのスペシャルライブでの演奏資格が与えられる。このほか、最多得票者賞、最多ビュー獲得者賞が決まる。発表は、3月上旬に公式サイトで行う。

Blue Note Tokyoでのスペシャルライブは4月1日に開催。「Blue Note Tokyo」受賞者はグラミー賞アーティストのリー・リトナーさんや、現役女子高生ドラマーの川口千里さんなど、豪華アーティストと共演できる。

さらに、ライブ後にはリー・リトナーさん主催のジャズコンペティション「SIX STRINGS THEORY」への特別参加権が得られ、コンペティションで優秀者に選出されれば、スイスで行われる「Montreux Jazz Festival」に参加し、豪華アーティストとの共演が実現する。

最多得票者賞と最多ビュー獲得者賞の受賞者には、スペシャルライブ観覧チケットをペアでプレゼントする。

応募資格は日本国内在住者で、未成年者は保護者の許可が必要。4月1日の時点で18歳未満の場合は、Blue Note Tokyoでのスペシャルライブには参加できない。

課題曲は、『Summertime(George Gershwin)』『I Got Rhythm(George Gershwin)』『Someone To Watch Over Me(George Gershwin)』『Round Midnight(Thelonious Monk)』『Love For Sale(Cole Porter)』『Blue Wind(Jan Jun Hammer)』で、演奏が5分を超える場合は、最初の5分を審査対象とする。審査員には、リー・リトナーさんに加えて、『JAZZ JAPAN』編集長の三森隆文さん、ジャズ評論家の原田和典さんなどが参加する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング