「逃げる」というと、あまりいいイメージじゃないですよね。闘いを放棄したとか、ズルいヤツだなんて思われるかもしれません。

でも、「逃げるが勝ち」という言葉もあります!

恋愛に特化していうと、最初から背を向けるのはよくないですけど、逃げた方がいい恋は確実にあります。

今回は、“逃げるが勝ちの恋とはどういったものなのか”についてお話ししたいと思います!

お金にだらしない相手との恋

当たり前と思われるかもしれませんが、案外そんな相手から逃げられずにいる人がいます。

最初は、たまたま今日お金持っていなくて……ちょっと貸してくれる? すぐ返すから! などと言われて財布を出しているうちに、常にこちらが払うのが当たり前になっていないでしょうか。

ほかには悪いところがないから、といって交際を続けている女性が知人にいますが、お金に問題がある人は必ず他にも問題があります。

早めに「逃げるが勝ち」です。

本命ではないと感じる恋

相手が交際しているのは自分だけではない、と薄々感じながら関係を続けていないでしょうか?

あるいは、「付き合おう」というハッキリした言葉や意思表示のないまま、なんとなく恋人のように過ごしている……という場合も要注意。

だって好きだから、一緒にいたいから……でも、そうして過ごしていると、あなたの貴重な時間はどんどん過ぎていってしまいます。

本命でないということは、あなたの恋は成就しないということ。引き延ばせば引き延ばしただけ傷を負います。早いうちに「逃げるが勝ち」です。

もう気持ちが冷めている恋

「もう好きじゃない」「この人じゃない」と感じているのに別れを切り出せずにいるのは、逃げる以上によくない状況です。

お互い冷めているなら時間の無駄ですし、相手は冷めていないから悪いというのも優しさではありません。

「もう好きじゃない」と思っている相手と過ごしても将来はないですから。あなたの気持ちが変わる可能性がないなら、お互いの未来のためにも別れる勇気を持ちましょう。

暴力をふるう相手との恋

一刻の猶予もありません。すぐに逃げましょう。

一度だけのこと? いいえ、一度手をあげた人は、必ずまた同じことをします。

それ以外は誰より優しい? その優しさは凶暴性と対を成しています。一方があるから一方が成立しているんです。

暴力をふるっても、たくさん謝ってくれたから? 典型的な暴力男です。後悔して泣いて謝って、それを繰り返すのです。

間違いなく「逃げるが勝ち」なケース。迷っていると命の危険にさらされるかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます