新春恒例の山下洋輔ニューイヤー・ジャズが最終回へ

2013.12.27 18:39配信
山下洋輔 (c)Akihiko Sonoda 山下洋輔 (c)Akihiko Sonoda

新春恒例イベントとして人気を博してきた山下洋輔プロデュース「東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート」が、ついに2014年1月10日(金)に最終回を迎える。

「東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル《ジャズのもう一つの夜明け》」の公演情報

ジャズ界の巨匠ピアニスト・山下洋輔と、クラシック専用コンサートホールの東京オペラシティコンサートホールによるコラボレーションの発端は2000年1月。「もうひとつの夜明け」と題し、オーケストラとの共演で、山下洋輔が自身のピアノ協奏曲第1番の世界初演などを披露した演奏会だ。刺激と意外性、エンタテインメント性に満ちた音楽が観客を熱狂の渦に巻き込み、一躍同ホールの人気シリーズへ成長するきっかけとなった。

2002年からは、毎年お正月の恒例行事として、筒井康隆とのコラボレーションによるジャズオペレッタ《フリン伝習録》や《ジャズマン忠臣蔵》、クラシックの演奏家との室内楽、セシル・テイラーとのフリー・セッション、自作ピアノ協奏曲第2番&第3番の初演など、刺激的な企画を展開。そして2009年からは「山下洋輔プロデュース」と銘打ち、茂木大輔、ブーニン、林英哲、アン・アキコ・マイヤース、挾間美帆と様々なジャンルのアーティストたちをフィーチャーし、異色のコラボレーションで観客を魅了してきた。

今回いよいよ最終回となるコンサートのタイトルは「ジャズのもう一つの夜明け」。山下洋輔が「ジャズの新たな夜明けを担う」と期待する旬の若手ジャズ奏者4人がそれぞれのユニットを率いて登場する。山下洋輔のスペシャル・ビッグバンドに欠かせない実力派ドラマーの高橋信之介。「山下洋輔の弟子」を自称する気鋭のジャズ・ピアニスト、スガダイロー。2013年のニューイヤー・コンサート「挾間美帆のジャズ作曲家宣言!」で大喝采を浴びた新進ジャズ作曲家の挾間美帆。2010年に高校3年でアルバム・デビューを果たし、現在日米で活躍中のアルト・サックス奏者、寺久保エレナ。山下がセレクトした4人が聴かせてくれる「ジャズの未来」、そして御大・山下との世代を超えた熱き競演が、人気イベントのフィナーレを華々しく飾ることだろう。

東京オペラシティ ニューイヤー・ジャズ・コンサート2014 山下洋輔プロデュース・ファイナル《ジャズのもう一つの夜明け》は、2014年1月10日(金)に東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアルで開催。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング