2013年アクセストップ20:1位はiPhone料金比較、売れ行きより注目度大?

2013.12.27 20:44配信

年末年始の特別企画として、2013年1月1日から12月25日までの約1年間に、アクセスが多かった当サイトの記事をご紹介します。期間中のアクセス数30位までの合計PVをもとに、各記事の「シェア」も集計しました。読み逃していた記事やもう一度読みたい記事をぜひチェックしてください。

昨年同様、スマートフォン本体やアクセサリ、スマートフォン向けアプリに関する記事が多く読まれました。1位の<「iPhone 5s/5c」の料金を比較! 機種変更で一番安いキャリアは?>では、新規契約・MNP・機種変更で購入する場合について、それぞれ端末代と毎月の通信料金を合計した2年間のトータル費用を比較しました。記事掲載後、ドコモは、一括払い時に限り、端末代を当初の金額より割り引く「プレミア購入プログラム」を導入。ユーザーの批判を受け、発売前に端末代を改定するという異例の事態になりました。ただ、この割引が適用されると、最大24か月間、機種ごとに一定金額を割り引く「月々サポート」の割引額が下がるため、「実質負担額」は当初と同じです。

なお、キャンペーン・料金比較記事の内容は、すべて掲載時点のものであり、現在とは異なります。最新の情報は、各キャリアのウェブサイトや店頭の掲示・チラシなどをご覧ください。ドコモは2014年1月14日から、KDDI(au)とソフトバンクモバイルは1月16日から、学生とその家族を対象に「学割」キャンペーンを開始します。スマートフォンを選ぶ際、端末自体のスペックや機能、デザインよりもコストが気になる方は、ぜひご自身で2年間または3年間のトータル費用を計算してみてください。

4位の<iPhoneを巡って3キャリアが激突! 発売1週目はソフトバンクがトップ!>や、10位の<2012年12月&年間の携帯電話ランキング、iPhoneが圧倒的シェアでトップ>などは、家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」のデータをもとに、携帯電話・スマートフォンの販売動向をまとめた記事です。毎月恒例の月間ランキングとは別に、<日本で最も売れたスマートフォンは「iPhone 5」 歴代最速の販売ペース>や<ドコモのツートップ対決、夏商戦序盤は「Xperia A」がリード、安さが後押し?><ドコモの2013年夏モデル「ツートップ」、勝つのはどっちだ!?>のように、特定のテーマに絞った記事も随時掲載しました。最新記事は、<2013年9~11月の携帯電話ランキングはiPhoneの一人勝ち>です。今後も、読者の皆さまのお役に立てるよう努めてまいりますので、ご愛読いただければ幸いです。

実機レビューは、2012年12月に掲載した<「Windows 8」と「Windows 7」を比較 レノボのPCで使い勝手を試した>が最もアクセスを集めました。Windowsの最新バージョンは、「スタートボタン」が復活したWindows 8.1。2014年4月の消費税の税率引き上げ・Windows XPの公式サポート終了を前に、買替え特需が発生するとみられています。ただ、その移行先はパソコンではなく、「Surface Pro 2」などのWindows 8.1搭載タブレットかもしれません。サイズは、Androidタブレットより大きい8~10インチクラスが主流になるでしょう。

トップ20圏外(28位・29位)ですが、カメラ好きの方は、ライター渾身の力作、<人気・最新の高級コンパクトを試した ぐっと広がる撮影表現><デジタル時代の精密機械で撮影を「愉しむ」、ニコン「Df」に触ってきた!>をぜひお読みください。

(編集部よりお願い) 各記事のランキングや価格などの情報は、記事掲載時点のものであり、現在とは異なる可能性があります。また、サーバー移転・サイトリニューアルの関係で、一部記事は、写真の抜け(非表示)やレイアウト崩れが発生しています。誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

【過去記事】

・2011年アクセストップ30:上位はスマートフォン関連が独占、1位は誰もが気になる「値下がり」

-->

いま人気の動画

     

人気記事ランキング