宮野真守ら登壇!「ノブナガ・ザ・フール」先行試写

2013.12.27 20:00配信
先行試写イベントの舞台挨拶/(左から)宮野真守、櫻井孝宏、梶裕貴、茅原実里

新作アニメ「ノブナガ・ザ・フール」の第1話先行試写イベントが12月8日に東京・竹芝NEW PIER HALLで行われ、オダ・ノブナガ役の宮野真守、アケチ・ミツヒデ役の櫻井孝宏、トヨトミ・ヒデヨシ役の梶裕貴、イチヒメ役の茅原実里と、原作/シリーズ構成/メインメカデザインを務める河森正治が出演した。「ノブナガ・ザ・フール」は、河森正治による多次元プロジェクト“THE FOOL”の第1弾作品。先行試写に先立ち上演された舞台版第1回では、ノブナガやヒデヨシらの出会いが描かれ、続くTVアニメ版が1月より放送開始する。

【その他の舞台挨拶の写真&作品画像を見る】

演じるキャラクターについて、宮野は「ノブナガは“あのノブナガがもしロボットに乗ったら”そのままという感じ。こんなにカリスマ性があり、快活で豪気で、斬新なキャラクターを演じることができて、僕自身とても楽しい」、櫻井「ミツヒデはクールで頭がいい。登場するキャラクターは皆さんの中にあるイメージや人物像を損なわず、もっと大きく膨らませて夢や想いを詰め込んだような感じ」、梶「ヒデヨシは、舞台版ではノブナガに噛み付くようなキャラクターだったが、意気投合した後は忠実に従い、劇中でも“サル”と呼ばれている。アニメでは草履ではないものを温めたり、あと“イクサヨロイ”(ロボットの名称)にヒデヨシもいつか乗るチャンスがあると聞いているので楽しみ」、茅原「イチヒメは東の星の一番の美女と呼ばれていて、可愛らしくて美しいけれども、聡明で芯の強い女性。彼女だけはノブナガの理解者で、妹だけどお姉さんという感じ」と語った。

1話上映を前に、茅原「新しいことに挑戦しているプロジェクトに参加できて嬉しい。ドキドキワクワクさせてくれる、刺激的な作品なのでぜひ応援して」、梶「僕たちもさっきPVを初めて観て、アフレコ時に想像していたよりもっと凄い仕上がりになっていて感動した」、櫻井「今日はこの壮大なプロジェクトが産声を上げた日。舞台、アニメから次の物語に続いていく、奇跡の瞬間を楽しんで」、宮野「ノブナガを演じるという人生で初めての経験から、今までにないものが自分の中で溢れ出ているのを感じている。エネルギーに満ち溢れたプロジェクトで、そのエネルギーが皆さんにも届けば嬉しい」と語った。

上映後の河森のトークショーでは、時代設定やロボットの設計、キャラクターデザインなどにも話が及んだ。最後に河森は「新しいものが始まるという予感がする。これから登場人物が増えて、世界がどんどん拡がっていくので、楽しみにしていて下さい。多次元プロジェクトはまだ始まったばかり。皆さんの力を借りて進化させて、さらに新しいもの、観たことがないようなものにチャレンジしていきたい。応援よろしくお願いします」と熱く締め括った。

「ノブナガ・ザ・フール」は2014年1月5日よりテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送、AT-Xにて放送開始。オープニング主題歌は茅原実里が歌う「FOOL THE WORLD」に決定した。詳細は公式サイトへ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング