宮澤佐江

本当にそう思います。これまでなかったことです。同世代で刺激し合って、「がんばっていこうな!」って、肩を組んで言える熱い仲間はいっぱいいたし、これからも出会えると思うんです。

でも、こんなにも大ベテランの方に信頼していただけて、

「わかりました。絶対、いい作品にします」

って、そういう言葉を交わせる人たちがいてくれるって、本当に幸せだなって思います。

ーー今回の作品に取り組んでいる佐江ちゃんは、「苦しい」とか「壁を超える」とか、そういう感じとは違いますね。

今回は、自分の「壁」を超えるというより、この作品をお客さまにお観せするために、どうすればもっと作品がよく見えるかを考えています。

それは、自分自身が地球ゴージャスのファンで、地球ゴージャスを大好きだからこそだと思うんです。それぞれのキャストの人たちが、ひとりずつそう思っているんです。

ーー岸谷さん、寺脇さん、本当に素敵な方なんですね。佐江ちゃんの言葉から感じることができます。

心を見てくれる人たちだからだと思うんです。おふたりの、表面だけじゃない感じがすごく好きです。

今回の作品のオーディションに受かったキャストの方々は、もちろんパフォーマンスがすごくて、地球ゴージャスの今回の作品を盛り上げてもらいたい、という方ばかりだと思うんです。

でも、それだけじゃなくて、熱い思いや、きれいな心をもっていなきゃ、キャストに選ばれていなかったと思うんです。本当に皆、1人ひとりが最高なんです。

キャストの皆が、五朗さんと寺さんをすっごく好きだと思う。私と同じくらい!

ーー前回、岸谷さんと寺脇さんは、佐江ちゃんにとって「恩師」と言ってましたよね(第42回)。キャストの皆さんは、佐江ちゃんにとってどんな存在ですか?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー